ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

高砂市十輪寺 名誉住職西田光衛さんの事

f0222687_943018.jpg
f0222687_954781.jpg 
9月街中散策例会で,渡辺会員のお兄さんが総代を務めている高砂市十輪寺を訪ね、ご住職さんからご法話を伺う機会があった。

 昔ながらの港町の雰囲気を残す高砂市高砂町かいわい。その一角に十輪寺がある。どっしりとした二重の瓦屋根の門で、金剛力士像がにらみを利かせている。

 815年、嵯峨天皇の勅命によって弘法大師が寺を創建したとされる十輪寺、本堂は県の重要有形文化財で、1697年に建立された。堂内では鳳(ほう)凰(おう)や竜の彫刻を施した極彩色の欄間が目を引く。18世紀前半の制作とされる。また、本堂の隣には、豊臣秀吉の朝鮮出兵に、高砂から駆り出された人々の供養塔もある。

 堂内では柔和な表情を浮かべる仏の絵に出合う。名誉住職の西田光衛さん(81)が長年手がけてきた木版画だ。心を穏やかにする言葉が必ず添えてある。西田さんは「私自身がこうありたいと思うこと。皆さんに共有してもらえたらうれしい」と語る。
 人のあるべき姿を諭す“版画説法”。仏が微笑する。「みんなつらい。ただ言わぬだけ」「人は変わらぬ。自分から変われ」‐。

                                      by一部神戸新聞

貴重な版画説法を拝聴した後帰りに参加者全員2012年木版画カレンダーを頂いた。有難いお言葉!合掌!
                                      by管理人
[PR]
トラックバックURL : http://syojyuhan.exblog.jp/tb/16620725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by syojyu-hansin | 2011-10-05 09:52 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)