ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:芸術( 2 )

f0222687_2014578.jpg
 石橋松寿会長さんから下記展覧会実施のご連絡頂きました。会場は神戸市王子公園近くの 「原田の森ギャラリー」ですからご興味があり且つお時間の許す方はご本人さんが会場におられる23日(金)15:00から17:00頃にお出かけ頂ければとご案内いたします。
                                 by管理人
 私が所属している中国水墨画の会「酔墨会」の年一度の展覧会に出品します。
今年は、暑かった昨年の時期より少し涼しくなる9月下旬、会場は昨年と同じ神戸市の王子公園近くの 「原田の森ギャラリー」で開催されます。
 過去によくこの展覧会をご覧いただいている方や、私の近況をお知らせしたい人にメールをさせていただきました。関係者グループに連絡いただくとありがたいと思っています。
忙しくてスケジュール合わない方、絵に興味のない方、義理で来ていただく方、どうぞこの案内無視してください。 
                                  石橋美紀

 名 称:第14回 酔墨会中国水墨画展

 会 期:2011年9月21日(水)~25日(日) 10:00~17:00
      但し 最終日は 16:00まで
     ※私は、23日(金)15:00から17:00頃まで会場にいます。

 会 場:兵庫県立美術館 王子分館 原田の森ギャラリー 2階

 原田の森ギャラリーホームページはここをクリックしてください


 交通アクセス JR「灘駅」北口 徒歩10分 阪急「王子公園駅」西口から徒歩6分

 今回は、日本と中国の世界遺産を描いた2点出品します。ひとつは「天平の甍」
 日本で最初に世界遺産に登録された「法隆寺」です。もう一つは、「光明遍照」
 4月に旅行で訪ねた「雲崗石窟」第20号窟の仏像を描いたものです。
f0222687_1945969.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2011-09-08 07:16 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
 神戸市小磯美術館では日本水彩画のパイオニアの一人、大下藤次郎(1870-1911)の没後100年にあたり島根県立石見美術館の所蔵作品を展示しています。

 大下藤次郎は、満20歳を迎える年に油彩画の基礎を中丸精十郎の画塾で学び始めましたが、来日したイギリス人水彩画家の展覧会や、中丸清十郎が所蔵する西洋の水彩画に刺激を受け、油彩画から水彩画へと転向しました。

 美しい自然を求めて旅し、風景を丹念に写しとった大下の作品からは、水彩画の技法の追求のみならず、自然に対する謙虚さと水彩画への深い愛情が伝わってきます。また、大下が制作活動と平行して、当時ベストセラーとなった水彩画の手引書『水彩画之栞』を著し、水彩画を専門に学ぶための研究所を設立、美術雑誌『みづゑ』を出版するなど、水彩画の普及に努めた功績は、高く評価されています。

 期 日 2011年8月27日(金)~10月10日(祝・月)

 会 場 神戸市小磯美術館 水彩画展「美しき自然 友人」
 小磯美術館ホームページの 詳細はここをクリックしてください
                    by小磯美術館
f0222687_15281117.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2011-09-06 08:33 | 芸術 | Trackback | Comments(0)