ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

                                                        バックは八海山
f0222687_15342471.jpg
 
この記事は高田さんからの依頼で管理人が代行アップしています。皆さんもどんどん記事と写真をメールでお寄せください。ブログで周りの会員さんに情報をどんどん発信しましょう。


夏の「越後三山:鳥海山~越後駒ケ岳~中ノ岳」に登ってきました。

8/20(金)~8/24(火)と所属している山の会(西宮明昭山の会)のメンバー10名(男女5名づつ平均年令64歳)で、越後三山に行った。

涼しい夏山を期待して参ったのですが、何と今年の暑さは2,000m級の山にまで及んでました(苦笑)。f0222687_1546311.jpg
f0222687_204933.jpg
然しながら、山には秋の気配が少し感じられ、りんどう・薄・萩が散見。

下界では、最近殆どお目にかからない子供時代の憧れの的であったオニヤンマが目の前の手の届く範囲でホバリングです。


八海山は霊山らしく、途中で山伏にも出会いましたが、装束以外は近代装備を備えておりました(笑)。
f0222687_15335898.jpg
マスコミなどで、云われ出した「山ガール」が六甲山にも出没しだしたので、今回も遭遇を期待していたのですが、「後山ガール」ばかりで
f0222687_15322938.jpg
前に回ると「山姥モドキ」ばっかりで残念至極!

山行は三日間で、27km/22時間の結構しんどいコースでしたが、やっぱり山はええわ!
                                                                  越後駒ケ岳
f0222687_15371255.jpg

                                                        by高田誠一郎

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-31 08:30 | 旅情報  | Trackback | Comments(1)
= JAZZ LIVE同好会は、8月29日(日)に第6回例会を開催!! =

今回の参加者は、阪神を中心に大阪や北攝の同好の志も合わせ15名。まだまだ暑い中よく集まって頂けたものだと感謝の気持ちで一杯だ。今回のヴォーカリスト 中川さつきさんは「昼ソネ」初出演だと冒頭自己紹介され、新人らしくスタンダードナンバーが多かったこともあるが、その歌唱力やトークはなかなか堂に入ったもので、さすが「ソネは新人の登竜門」というだけあって、レベルの高さがうかがえた。ピアノの越山さん、ベースの真木さん、ドラムの岩高さんは常連らしく安定した演奏で聞いていて安心。14:00~16:00まで途中休憩をはさみ、入れ替えなしの2ステージを堪能。JAZZをこよなく愛するメンバーが聞き惚れたあっという間の昼下がりの2時間だった。

f0222687_993034.jpg
f0222687_994729.jpg
f0222687_9101265.jpg


「JAZZって 本当に惹きつけるものですネ」

次回 第7回の例会は、9月20日(月 敬老の日)を予定しています。別途ご案内致しますがスケジュール化宜しくお願いいたします。

                                            by 事務局 石ヤン
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-30 09:14 | Jazzライブ同好会 | Trackback | Comments(0)
 日程が迫ってきましたので再掲載いたします。第1団は9月3日16:00頃に行かれるとお聞きしています。

 松寿会会長 石橋美紀(豊中市在住)さんが水墨画作品展に出品されます。会場は神戸ですのでお知り合いの方、興味をお持ちの方出来るだけご本人さが会場におられる時に是非お出かけしてみてください。


ご本人からのご連絡
 私が所属している中国水墨画の会「酔墨会」の年一度の展覧会に出品しています。
今年は、9月1日から5日、会場は昨年と同じ神戸市の王子公園近くの
「原田の森ギャラリー」で開催されます。

過去によくこの展覧会をご覧いただいている方や、関係者グループに
連絡いただくとありがたいと思っています。
 
 ■名称:第13回 酔墨会中国水墨画展
 ■会期:2010年9月1日(水)~5日(日) 10:00~17:00
   但し 最終日は 16:00まで
 ■会場:兵庫県立美術館 王子分館 原田の森ギャラリー 2階
 ■交通アクセス
 JR「灘駅」北口 徒歩10分 阪急「王子公園駅」西口から徒歩6分

私の今回の作品は、今年2月に訪ねた世界遺産「アンコール遺跡」の
スケッチの中から 「バイヨンの四面佛」を描いたものです。
(展示は、1人1点だけで計200余点です)

 私は、3日(金)16:00から17:00、5日(水)13:00から16:00頃まで会場にいます

原田の森ギャラリー ホームページはここからご覧ください

追伸
絵画、書道、彫面等作品展を開催される会員さんは管理人までご一報ください。ブログー会員情報欄で紹介させていただきます


                                       by管理人

f0222687_163477.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-30 09:10 | 会員情報 | Trackback | Comments(0)

友情投稿 宇治川 鵜飼

全国12箇所で、鵜飼が行われていますが、
宇治川の鵜匠は女性です。
猛暑の続く毎日ですが、ひとときの涼を求めて
鵜飼見物に出掛けました。
仲間10人ほどで一艘の舟を貸切り、約一時間の
撮影に挑戦しました。    by hiroyoko21

鵜匠 真理子さん
f0222687_16164516.jpg



シルエット
f0222687_16172941.jpg


真剣勝負
f0222687_1618583.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-29 16:18 | 地域情報 | Trackback(1) | Comments(3)
 f0222687_10505157.jpgまた面白い歌手を見つけた。金曜日読売TV辛坊治郎ズームインSUPERで紹介された中学生歌手中川あゆみだ。

 <7年前 私は三原あゆみだった / 突然6人の顔見知りの大人たちが私の前で / 言い争いをして / 私は中川あゆみになった>── 中川あゆみ(「事実 ~12歳で私が決めたコト~」より)

中川あゆみ。横須賀に住む13歳。離婚の多い現代社会において、中川あゆみも両親の離婚を経験した1人だ。そして彼女は、母方の祖父母に引き取られ、養女となった。心ない人は、そんな境遇の彼女を「もらいっ子」と呼んだ。

ひとりになった中川あゆみをずっと支えていたのは“歌”。いつの頃からか、彼女は歌で自らの気持ちを人に伝えたいと思うようになった。すべて、彼女が経験した「事実」だけを通して。

冒頭に紹介した歌詞から、中川あゆみのデビューシングル「事実 ~12歳で私が決めたコト~」は始まる。胸をえぐってくるその言葉は、当時小学生だった彼女には悲しすぎる現実を浮かび上がらせる。歌詞には彼女のこれまでの人生、事実が集約されており、彼女はそれをただひたすらに歌っている。

YouTube上でひっそりと公開された同曲のミュージックビデオでは、中川あゆみのこれまでを、彼女を引き取った祖父母や担任の先生の言葉とともに紹介している。ありのままの普段の生活、「あゆみの心の中はわからないけれど、(私たちはあゆみを)本当の親子だと想っているから」と、彼女を支えている家族、そして中川あゆみ自身の想いがそこには詰まっている。

中川あゆみは、これまで、横須賀中央駅で計60回以上の路上ライヴを重ね、オーディションを経て、デビューが決定。そして2月14日、初めて中川あゆみはデビューシングル「事実 ~12歳で私が決めたコト~」を横須賀中央駅前広場にて披露した。「私の歌はまだこの曲だけです。自分の生い立ちを歌った曲です。ぜひ聴いて下さい」と言い、ギターとともに力強い歌声が広く晴れ渡った空に響く。道行く人は足を止め、歌に聴き入り、そして涙を拭った。

音楽の道に進むことを決意した13歳・中川あゆみ。もちろん、彼女の選択は、容易に幸せを掴み取れるものではないだろう。彼女自身もそれは重々承知のこと。しかし、彼女は、辛い時期を支えてくれた“歌”とともに生きていくことにした。なぜなら、彼女は自ら決めたのだから。<生まれた後は全部私の責任でしょう / だから私はあゆみを幸せにするよ>と。

                                     by管理人

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-28 20:24 | 生活・文化・教養 | Trackback | Comments(0)
パナソニック電工住建事業本部は下記のイベントを開催します。ご自宅の使い勝手にご不満の方、リフォームに迷っておられる方是非お出かけになってみて如何ですか!
                                     by管理人

こんにちは。パナソニック電工住建事業本部 リズムプラスの清田です。

日中はまだ猛暑が続いておりますが、暦の上ではもう“秋”。
寒い冬に備えてリフォームをそろそろ考える時期にきました。
そこで、リズムプラスではリフォーム計画を具体的に考える
きっかけや、参考になるリフォームイベントを開催します。
今話題の商品をいちはやくご紹介します!ぜひご家族、ご友人(OBの方)お誘いあわせの上
ご参加ください。

お申し込みはお早めに♪♪

【お問合せ・お申し込み】
リズムプラス運営事務局
TEL:06-7636-2009
Eメール:mail@resmplus.jp


f0222687_16475993.jpg

f0222687_16482175.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-27 17:30 | パナソニック | Trackback | Comments(0)


f0222687_20444971.jpg15,000人ものファッションリーダーが集う
日本最大級のリアルファッションイベント「神戸コレクション」。
同時開催の「神戸コレクションマーケット」内に、
新たなスイーツの祭典「神戸スイーツサミット2010」が出現します。
まだ誰も見たことのない極上スイーツとの出会いをテーマに
神戸が誇る15ブランドの最新スイーツや
今をときめくカリスマパティシエたち、神コレのトップモデルによる
超・プレミアムなコラボ・スイーツが登場。
スイーツの伝統と革新が融合する神戸の地から、日本、そして世界へ発信する
新たなムーブメント、その記念すべき第1回が、はじまります。
甘い誘惑に心おどるとっておきの時間へ、
スイーツを愛するみなさまとの出会いを愉しみにお待ちしています。

スペシャル1
兵庫県三田市にあるパティスリー“小山ロール”で一世を風靡した「パティシエ・エス・コヤマ」のオーナーシェフ、小山進氏と神戸コレクションのトップモデル、高垣麗子さんとのコラボによる限定スイーツ、旬のイチジクや高垣麗子さんが厳選した赤ワインなどこだわりの素材を使った一品に期待大
 (スペシャル2 3はコンセプトページよりご覧ください)

 日 時 8月29日 11:00~21:00

 場 所 神戸国際展示場3号館

 詳細はここからご覧ください
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-26 20:45 | 地域情報 | Trackback | Comments(0)
 第10回街中散策はいつもの例会に比べてウォーキング行程は少し短いですが神戸の歴史が集約された旧居留地・海岸通を中心に廻ります。知っているようで知らない神戸の発祥を歩きながら学んでみたいと考えています。前回の平城京散策からは5組の奥様方が参加され益々にぎやかな楽しい会になってまいりました。まだご一緒でない会員さんはこの機会にお揃いでおいでください。またこのブログをご覧の地区外の会員さんのご参加も歓迎いたします。出欠は9月2日までにメールにてお願いします。

生田川の歴史記述から神戸の歴史を学んでみましょう

元々は現在のフラワーロードの位置を流れていた。天井川となっていたことで、この両岸それぞれで集落が形成され、異なる文化が形成されてきた。神戸市が誕生する前には、西側が須磨まで「八部郡」、東側が現在の芦屋市まで「菟原郡」と区分されていたとおり、当時の生田川は、広域集落の境界をなすものであった。現在もなお、フラワーロードの東西で、街の雰囲気は異なる。ちなみに、1980年(昭和55年)に区域再編がなされて神戸市中央区となる以前の行政区は、フラワーロードより東側が葺合区、西側が生田区であった。

天井川かつ流域が平地であるがゆえに、水害が発生するとその被害は広範囲にわたる大きなものとなっていた。幕末の開国で、京都に近い港として神戸(当時の「神戸」は、現在の神戸市中央区のフラワーロード以西、生田裔神八社の点在するエリアを指した。同じく明治時代に付け替え工事のなされる前の旧湊川が「神戸」の西の境で、その西が「兵庫」であった。)の開港が決まったが、開港にあわせて整備することとされたが外国人居留地(神戸外国人居留地)が、その位置から、生田川の災害が発生した場合に大きな被害となることが予想された。早急なる神戸の開港・神戸外国人居留地の整備が求められたことが追い風となり、加納宗七が現在の位置に生田川を付け替える工事をし、1871年に完了した。そのため現在の生田川を新生田川と呼ぶこともある。

旧生田川の河川敷は加納宗七に払い下げられ、これが同地域の地名「加納町」の由来になっている。なお、加納町歩道橋の一角には、ここにもとの生田川があったことを示す石碑が建てられている。さらに、この付け替え工事が終わり、天井川たる旧生田川が消えたことで、以後、神戸の市街地は、明治時代のうちに、それまでは田畑や林が広範囲を占めていた東側の旧菟原郡部へ急速に拡大していった。特に、旧菟原郡のなかで、もともとの「神戸」のあった旧八部郡にもっとも近い葺合村は、1889年に神戸市が誕生した当初から神戸市となっている。
                                  by街中世話役

40年前の神戸紹介ムービー

モニター画面の▲をクリックしていただければムービーがご覧いただけます


[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-25 08:20 | 街中散策会 | Trackback | Comments(1)
読売新聞

パナソニックは23日、上場子会社の三洋電機とパナソニック電工を2011年4月をめどに完全子会社にするため、株式の公開買い付け(TOB)を始めた。

 期間は10月6日まで。

 買い付け価格は、三洋株が前週末の終値より1円高い1株138円、パナソニック電工株は5円高い1110円。両社株すべてを取得した場合の買収額は8184億円となる。TOBに応募しなかった両社株については、パナソニック株との株式交換で取得する。

平成22 年8月20 日パナソニック発表
 
 「パナソニック電工株式会社株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」に関する追加開示のお知らせはここからご覧ください
                                        by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-24 07:54 | パナソニック | Trackback | Comments(0)
 皆さん暑いからといってクーラーを効かせた家に閉じこもっていませんか。今日私と植田(英)さんは9月街中散策「神戸建築物語」の下見に行って来ます。私たちは神戸でずーっと暮らしていますが実は長い歴史の一こま、一瞬の中で生きており、本当は知らなければいけないこと、いや当然知っておくべきことを知らないまま今日まで来ているかもしれません。今回は自分の足と目と心でそれを探しに行きましょう。近代神戸のスタートが良く分かるコースですのでご家族様とご一緒にご参加ください。余談はここまでにしてサントリーミュージアムの「印象派とモダンアート展」をご紹介します。
 

 19世紀後半からおよそ100年のあいだに、西欧美術はめまぐるしく展開し、多彩な作品を生みだしてきました。今回、一般にモダンアートと呼ばれる美術から、「印象派」「20世紀の具象絵画」「20世紀の実験的美術」という3つの領域に注目します。身近にある風景の中に光と色彩のたわむれを見出し、素早い筆づかいで表現した印象派、ルドンや税関吏ルソー、シャガールといった個性的な具象画家たち、ピカソ、カンディンスキー、クレーなど新しい造形を試みた前衛美術家たち。6点のロンドン連作を含む8点のモネ、画業の展開過程を示す10点のピサロ、モランディやフォンターナの作品を集めたコーナー、ルオー、ローランサンら、さまざまな作家による花束の競演など、多くの見どころを備えた展覧会です。

開催日時2010年7月10日~9月20日 10:30~19:30(入場は19:00まで) 
※休館日は7月12日、26日、9月6日、13日
開催場所大阪市 サントリーミュージアム[天保山]
料金大人1000円、大高生・シニア(60歳以上)700円、中小生500円
主催サントリーミュージアム[天保山]、読売新聞大阪本社
お問い合わせ先サントリーミュージアム[天保山] 06-6577-0001

 関連のホームページを見るにはここから
                                    by管理人
f0222687_5514076.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-08-23 07:40 | 生活・文化・教養 | Trackback | Comments(0)