ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 今ニュースで大きく取り上げられているのは内部告発サイトウィキリークス。その概要をお届けします。

 ウェブ上で公表した内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」の創設者ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)氏(39)は、情報の開示に対する反発の声が高まっているのは同サイトが創設の使命を順調に果たしつつある証拠だとの認識を示した。

「優れたジャーナリズムは、本質的に物議を醸すものだ」と、アサンジ氏は英紙ガーディアン(Guardian)に語った。

「権力者の横暴と戦うことこそ、優れたジャーナリズムの役目。そして権力というものは、挑戦されると決まって反発するものだ。つまり、物議を醸している以上、情報公開は良いことなのだ」

■元ハッカーが設立した「大衆のための情報機関」

 オーストラリア人のアサンジ氏は、元ハッカーでコンピューター・プログラマー。2006年、「大衆のための初の情報機関」を掲げ、ウィキリークスを立ち上げた。世界中の匿名の内部告発者から情報提供を受けており、サイト運営用のサーバーは、アサンジ氏によると情報保護法制の整ったスウェーデンやベルギーなどに置かれている。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によると、編集に携わるフルタイムのボランティアは10人弱で、ほかに暗号化、プログラミング、ニュース記事編集などに精通した800~1000人が協力体制にあるという。

■国、企業、研究者などの「内部告発」を次々公表

 ウィキリークスの名は2009年、多国籍海運企業トラフィギュラ(Trafigura)がコートジボワールで有毒廃棄物を不法投棄したことを示す内部資料を公表したことで、国際的に一躍有名になった。

 最大のスクープは、今年4月に公表した、イラクのバグダッド(Baghdad)で07年7月に米軍の攻撃ヘリコプターが記者や市民を銃撃する生々しい空撮映像だ。この映像を漏えいしたとして、米陸軍上等兵が今月起訴されている。

 このほか、キューバ・グアンタナモ湾(Guantanamo Bay)の収容施設の運営手順や、地球温暖化問題で世界有数の研究機関である英イースト・アングリア大学(East Anglia University)の気候研究ユニット(Climatic Research Unit、CRU)の研究者たちのデータの改ざんを臭わせる電子メールなどを公表してきた。

 オーストラリア当局は5月、アサンジ氏のパスポートを一時押収した。6月には同氏の弁護団が同氏に対し渡米は避けるよう助言したという。

 米政府は、ウィキリークスの情報公開は国家の安全保障を脅かし人命を危険にさらす上、偏った見方をしている可能性もあると繰り返し批判している。(c)AFP

                          by管理人
動画でもウィキリークスの情報が見れます。


[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-30 19:24 | 生活・文化・教養 | Trackback | Comments(0)

第28回 くつっ子まつり

 くつの町「神戸の長田」で行われる『くつっ子まつり』が開催されます。
今年も流行のブーツ、お父さんのビジネスシューズ、スニーカー、子供の靴、なんでも揃ってて、価格も安いのでお出かけしてみませんか。

 開催日時 2010年12月5日 9:00~16:00 ※雨天決行

 開催場所 神戸市 新長田駅前広場料金入場無料

 主 催  日本ケミカルシューズ工業組合
       お問い合わせ先日本ケミカルシューズ工業組合 078-641-2525

参加者のコメントから
 毎回大盛況ですよね~♪激安で掘り出し物もあって楽しいです。開始時間前から並んでいる人も多いのでいいものは午前中には無くなってしまいますが、終了前には値段交渉もかなりしてもらえます^^
f0222687_1931376.jpgf0222687_1924468.jpg 
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-29 19:05 | 地域情報 | Trackback | Comments(0)
f0222687_21413946.jpg いま日本に注目される2人の登山家がいる。1人は世界7大陸最高峰の単独無酸素登頂に挑戦、残すはエヴェレストとビンソンマシーフとした栗城史多(くりき のぶかず)さん、もう1人はヒマラヤ8000m峰全てをめざす竹内 洋岳(ヒロタケ)だ。今回は竹内 洋岳のご紹介。日本人初のヒマラヤ8000メートル全14座完全制覇を目指し、13座目の目標、チョー・オユー(8201メートル)に挑戦中の登山家・竹内洋岳さん(39)が30日、7700メートル地点で登頂を断念したことが本人からの連絡で分かった。栗城史多さんは又日を改めてご総会する。この2人は目が離せない。

ウィキペディアより竹内 洋岳

8000m峰全14座制覇をめざし、2009年5月までに12座に登頂している。これは名塚秀二、山田昇の9座を上回る日本人最多記録である。8000m峰9座への無酸素登頂も、日本人最多記録である。酸素ボンベ、シェルパを使用せず、軽量装備でスピードアップを図り、小人数で高峰の連続登山を行うスタイルの登山(通常は、アルパインスタイルと呼ぶのが通例。)で知られている。竹内は、このスタイルをHAM(High Altitude Marathon、超高所耐久登山)と命名している。

f0222687_2144183.jpg1971年、東京都生まれ。祖父の手ほどきで、幼少より登山とスキーを始め、高校、大学の山岳部で国内の登山の経験を積み、20歳で初めての8000m峰登山を経験した。立正大学を卒業。

1995年に日本山岳会隊に参加して、マカルー(8,463m)東稜下部より登頂し、初めて8000m峰を登頂する。翌1996年には、エベレスト(8,848m)とK2(8611m)に連続登頂し、その後8000m峰を専門に登山活動を展開する。

f0222687_21444533.jpg2001年以降は、ドイツ人クライマー、ラルフ・ドゥイモビッツや、オーストリア人女性クライマー、ガリンダ・カールセンブラウナーを主なパートナーとし、各国のクライマーと少人数の国際隊を組み、酸素やシェルパを使用せず、アルパインスタイルを積極的に取り入れた継続登山で複数の8000m峰を登るスタイルにより、12座の8000m峰に登頂し日本人最多記録を更新中である(2010年現在)。

2007年にパキスタンのガッシャーブルムII峰(8,035m)で雪崩に巻き込まれ、腰椎破裂骨折の重傷を負い、当初、救助は不可能と思われたが、各国登山隊のレスキューで奇跡的に生還した。

帰国後に背骨にチタンシャフトを埋め込む手術を受け、もう登山への復帰は絶望的と言われながらも、リハビリにより、1年後には、事故のあったガッシャーブルムII峰へ再び挑み登頂を果たし、ブロード・ピーク(8,047m)への継続登山にも成功した。

2002年に結婚し、二児の父親である(2010年現在)。
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-29 08:38 | Trackback | Comments(0)

雲海

兵庫県和田山の竹田城址へ、雲海を撮りに松寿会写真部仲間と一泊旅行をしてきました。
前日の予報が嘘のような天気で、夜明け前に山城跡に登った私たちの目にした
雲海は正に絶景、自然が創った水墨画でした。
シャッターを押すのも忘れて、見とれていまいました。
作品はともかく、あの素晴らしい景色を体験出来たことに感謝、感謝。

                                  By hiroyoko21


f0222687_08762.jpg


f0222687_082680.jpg


f0222687_010359.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-28 14:11 | Trackback | Comments(1)
 f0222687_21175848.jpg
 12月17日伊丹歴史散策例会の下見で伊丹市内~昆陽池(こやいけ)に行って来ました。昆陽池のご当地伝説をお伝えします。

 1200年以上も昔、まだ、奈良に都があったころのお話です。行基上人(ぎょうきしょうにん)というえらいお坊さんが、日本全国を旅していました。行基上人は、行く先々でため池を造ったり、水路を開いたりして、人々を助けながら仏様の教えを広めていたのです。

 ある時、さみしい猪名野(いなの)を歩いていた上人は、道ばたにたおれていた老人に気がついて立ち止まりました。
 「もし、どうなさいましたか。」
 上人がたずねると、老人は苦しそうに答えました。
 「病気を治すのに有馬へ行こおもて、ここまで来たんやけど、体がしんどうなった。もう三日も飯食うとらへん。何ぞ食うもん持ってしめへんか。」

 老人をよく見てみると、体中に瘡(かさ)ができて、そこから膿(うみ)が出ているというひどいありさまでした。そこで上人は、旅のお弁当の干し飯(ほしいい)を取り出してやりましたが、老人は、「あかん、あかん。わしゃ生の魚でも食わんと、元気が出えへんわ」と言います。そこで上人は、わざわざ長洲(ながす)の浜まで行って、漁師に魚をわけてもらいました。そして、魚の片身を料理して食べさせてやりました。
 上人が残った片身を昆陽池(こやいけ)に投げこむと、不思議なことに魚はそのまま泳ぎ始めて、池の中へ消えてゆきました。昆陽池には、このときの魚の子孫の「片目の鮒(ふな、片目の金魚という伝説もあります)」が、今でも住んでいるということです。

 さて、上人は老人を背負って有馬温泉に向かいましたが、そのとちゅう、老人は苦しそうに言いました。
 「体中のできものが膿(う)んで、ウジがわいて、痛うて、かゆうてたまらんわ。お坊さん、膿をなめて、ウジを吸い取ってくれへんかいな。ほたら少しは治るとおもうんやけど。」

 ふつうならとてもできることではありません。けれどもこれを聞いた行基上人は、老人をおろすと、ひどく膿みただれた老人のはだをなめ、ウジを吸い取り始めました。するとどうでしょう。上人がなめたところが、どんどんと黄金色にかがやき始めたではありませんか。気がついてみると、老人の姿は、いつの間にか光りかがやく仏様に変わっていたのです。

 f0222687_2118357.jpg上人は「あっ」とひれふして、おがみました。
 「私は薬師如来(やくしにょらい)です。上人をためすため病人に姿を変えていましたが、上人の慈悲(じひ)の心はよくわかりました。これから有馬へ行って、病気の人たちを救ってやりなさい。」
 こうして行基上人は有馬へ行き、さびれ果てていた温泉をたてなおして、多くの病気の人を助けることになったのです。
 行基上人は、このときの薬師如来の姿を像に刻み、お堂を建てて祭りましたが、それが現在の温泉寺のはじまりだということです。また別の伝説では、薬師如来を祭る寺を建てようと考えた行基上人が、東に向かって木の葉を投げ、それが落ちたところに建てたのが昆陽寺(こんようじ)だとも伝えています。
                               by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-28 08:15 | 生活・文化・教養 | Trackback | Comments(0)

伊丹市歴史探訪

 12月街中歴史散策例会は伊丹です。

 実施日:平成21年12月23日(木)天皇誕生日  
      (年末につき予備日 なし)

 ご集合:JR伊丹駅改札出口 09:00

 (注)本年度最終例会となりますので昼食会は忘年会兼ねます。

 ご参加希望者は12月9日までに阪神地区伊部あてご連絡ください。
   (非会員様の参加も歓迎)
 

 コースはここからご覧ください。

 伊丹市の概要
事前情報として現状と歩みをお伝えします。

 f0222687_21512665.jpg伊丹市は兵庫県南東部に位置し、周囲を兵庫県尼崎・西宮・宝塚・川西各市、大阪府豊中・池田両市と接しています。大阪市からは約10kmと近く、大阪の衛星都市の一つとも位置づけられ、兵庫県内では尼崎市に続き、2番目の過密人口都市です。地形は全体に平坦で、市の東端を猪名川、西端を武庫川が流れています。気候は温暖で、冬には昆陽池などにカモなど多数の渡り鳥が飛来します。
また古来より、西国街道など交通の要衝として栄え、江戸時代初期におこった酒造業は、全国に先駆けて産業としての清酒醸造法を確立させた「清酒発祥の地」として知られています。さらに、園芸業も古くから盛んで、「芽接ぎ」などの独特な技術を受け継ぎ、隣接する宝塚市山本地区とともに日本三大樹木生産地の一つを形成しています。紀州有田の温州ミカン、山口県萩のミカン、鳥取県の二十世紀梨などの苗木は伊丹市東野地区で生産されました。
現在は、大阪国際空港(伊丹空港)のあるまちとして、また臨空都市としての利点を生かし、半導体などの「現代のハイテク産業」も立地し、阪神間有数の産業都市として発展を続けています。

 伊丹のあゆみ
 縄文時代末期には、早くも猪名川流域で稲作が始まり、続く弥生時代には本格的に行われました。口酒井遺跡から出土した籾圧痕つき土器は、摂津地域で最も早く稲作が始まったことを示します。
『日本書紀』などによると、古墳時代、渡来系の木工技術集団「猪名部(いなべ)」が猪名川流域に居住し、上流でとれる良質な木材を利用して造船、建築事業などに従事。その子孫は奈良・東大寺造営にも携わりました。
                       by管理人
 f0222687_21424049.jpg奈良時代には、現在の緑ケ丘に法隆寺と同じ伽藍配置の大寺院(寺院名が不明のため「伊丹廃寺」と仮称)建立。名僧・行基が昆陽池を築くとともに昆陽施院(現在の昆陽寺)を創建しました。また、伊丹廃寺(国指定史跡)が建てられたのもこの頃です。摂津の仏教文化の一中心地として栄えました。

 f0222687_21434022.jpg平安中期以降、猪名川流域を中心に都の貴族や大社寺の荘園が営まれ、その管理にあたっていた武士団の中から伊丹氏が台頭、南北朝時代に築いた伊丹城を拠点に摂津の有力大名になります。天正2年(1574)、織田信長配下の荒木村重が代わって城主となり、有岡城と改名。有岡城はポルトガル人宣教師、ルイス・フロイスが「甚だ壮大にして見事なる城」と書き残すほどの名城でした。しかし、村重は、信長に背いて10カ月の籠城の後、没落、城は間もなく廃城となりました。現在、その城跡は国指定史跡として整備されています。

 f0222687_21452280.jpg寛文元年(1661)、伊丹郷町のうち伊丹・植松・高畑など10カ村(後には12カ村)が近衛家領となり、川辺郡の経済・文化の中心として栄えました。近衛家が力を注いだ産業の振興はめざましく、有岡城の城下町、伊丹郷町では、領主・近衛家の産業奨励策もあって酒造業が発展しました。それは鴻池村の山中新右衛門幸元(鹿之助の長男)が清酒の醸造に成功したことに始まるといわれています。江戸へ下った伊丹の酒は「丹醸」といわれて上質酒の代名詞となり、将軍の御前酒にもなりました。江戸末期、200以上あった銘柄のうち、今や市内で使われているのは2つだけですが、灘や北海道など他産地に受け継がれ親しまれているものも少なくありません。
 f0222687_21462421.jpgこうした豊かな経済力のもと、酒造家たちを中心に文芸が流行、「太くたくましい伊丹風俳諧」が起こりました。その拠点だった俳諧塾「也雲軒(やうんけん)」には、西山宗因や井原西鶴ら諸国の俳人、文人が集いました。そうした中に育った上島鬼貫(うえしまおにつら)は、「誠の外に俳諧なし」と悟り、より文学性の高い俳諧を求めて独自の俳風を樹立し、松尾芭蕉と並び称されました。そうした風土から形成されたのが、日本三代俳諧コレクションの一つ「柿衞文庫」です。

近代に入ると、明治4年(1871)の廃藩置県によって旧摂津国は大阪と兵庫に分断、伊丹郷町は兵庫県に編入され、明治22年(1889)、川辺郡伊丹町が誕生します。また、明治24年(1891)には川辺馬車鉄道が開通し、のちに大阪と舞鶴とを結ぶ阪鶴鉄道に発展しました(現在のJR福知山線)。さらに大正9年(1920)には阪急伊丹線も開通し、これら鉄道によって産業経済が促進されるとともに、近郊住宅地としても発展してきました。そして昭和15年(1940)11月10日、伊丹町と稲野村と合併し、県内で7番目、全国で174番目の市、伊丹市となりました。さらに昭和22年(1947)、神津村を合併、昭和30年(1955)には長尾村の一部を編入して現在の市域となり、平成12年(2000)11月には市制施行60周年を迎えました。


 伊丹の名前の由来
 伊丹市の地名の由来は、摂関家領橘御園を鎌倉時代から管理していた伊丹氏の名に由来すると考えられています。
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-27 21:47 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)
FAINAL STAGE 
 試合開催日時 12月5日(日)14時30分 キックオフ
    
 場 所    長居陸上競技場(メインスタンド側)
 
 対戦相手   IBMビッグブルー

 応援いただける方は入場券を松寿会館にてお渡しいたします。松寿会事務局まで
 連絡を。


2010Xセカンド・ステージの報告
勝てばファイナル・ステージ進出が決まる大事な試合。関東の雄フロンティアーズとの対戦は、終盤までロースコアが続く、緊迫した展開となった。
 f0222687_18233386.jpg前半。インパルスは最初の攻撃シリーズを得点に結びつける。自陣44YD(ヤード)から、QB高田が自ら走るなどして前進し、残り17YD地点へ。さらなる前進はできなかったが#15小笠原がフィールドゴールを決め3点を先制。インパルスは、次の攻撃でもQB高田が#81塚崎、#20石野へのパスを決めて前進し、これを#15小笠原の2つ目のフィールドゴール成功に結びつけ、6対0とリードを広げてみせた。だがフロンティアーズも、すぐさま反撃してくる。自陣30YDから、#17秋山へのパスを2度成功させるなどで残り17YD地点へ。ここからはインパルス守備陣が踏ん張り、前進を阻止。フロンティアーズは、フィールドゴールで3点を返すにとどまった。それでも前半終了間際、フロンティアーズが再びエンドゾーンへ迫ってくる。続けざまにパスを成功させ残り11YD地点へ。前半終了残り6秒となり、フロンティアーズは28YDのフィールドゴールトライを選択した。このキックをインパルス#10東が見事にブロック!同点となるのを防ぎ、6対3とインパルスのリードで前半が終了した。.
 後半のキックオフはフロンティアーズ。そのボールを受けたインパルス#5本多が相手タックルをかわし、ぐいぐいと走る!なんと47YDのビッグリターンを決め、残り38YD地点へ。絶好のチャンス機に、QB高田から#5本多へのパスが決まり残り24YD、さらに#1小林の中央突破で残り1YDと前進を続け、最後は#20石野が飛び込んでタッチダウン!13対3と相手を突き放す。フロンティアーズも黙っていない。次の攻撃で#17秋山へのパス成功と、 QB出原のランで残り24YD地点まで進んでみせる。だがインパルス守備陣の壁は厚く、タッチダウンが奪えない。フィールドゴール成功による3点で13対 6とするにとどまった。インパルスも、#20石野のラン、QB高田のランなどで残り12YD地点まで押し込んだのだが、ここから前に進めない。それでも #15小笠原がフィールドゴールをきっちりと決め、16対6とする。第4Qになっても、ディフェンシブな試合展開が続いた。互いに相手陣内まで入っていくのだがタッチダウンが奪えず、フィールドゴールも決まらない。そして試合終盤、インパルスにビッグプレーが飛び出した。相手パスを#27辻が見事にインターセプト!残り4YD地点で攻撃権を得ると、QB高田が#84吉田へのタッチダウンパスを決めて7点を追加。23対6。フロンティアーズの最後の反撃も守備陣が無得点におさえ、試合終了。インパルスが激戦を制した

 第2ステージ第2戦にも勝ち、インパルスは全勝でファイナルステージ進出を決めた。だが本当の勝負はこれからだ。昨年はファイナルステージ初戦で敗退しただけに、今年こそ勝ち抜いてジャパンXボウル進出を決めて欲しい。次の対戦相手はIBMビッグブルー。試合は12月5日に長居陸上競技場で行われる。
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-26 18:49 | パナソニック | Trackback | Comments(0)
 これまで京阪神合同新年賀詞交歓会の呼称を改め、京阪神合同「新春懇談会」を下記の内容で開催予定です。
f0148638_9241252.jpg

京阪神A・B・C合同で集まる唯一の機会です。

パナソニック方針発表会の都合により新春での開催は今回が最後になるかもしれませんので是非参加をお願いします

今年は我が地区が開催準備をしますので特に阪神会員さんの参加をお待ちします。

友人と誘いあい、声かけあっての参加は如何ですか・・・

■日時:H23年1月22日(土) 
 受付開始AM11:00  開催:AM11:30~
■会場:パナソニック電工㈱ 本社体育館
■会費:¥4,000 当日会場でお支払下さい

12/3までに松寿会「事務局から届いているハガキ」で申込みをお願いします。
f0222687_1640521.jpg


                     by阪神松寿会地区幹事
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-25 16:48 | Trackback | Comments(0)
=JAZZライブ同好会は11月23日(火・勤労感謝の日)
第9回例会を実施=

今回の参加者は、初めてのご参加の2名の方も含め、阪神を中心に大阪や枚方の同好の志も合わせ15名。やや肌寒い季節にはなったが、遠路から参加頂けるとは感謝・感激だ。

今回のボーカリストはスレンダーだが声量たっぷりの若手実力派mayumiちゃん。主にスタンダードナンバーを歌ってくれたのも嬉しい限りだ。「ソネ」常連ミュージシャンであるMさん一押しのピアノの越山満美子さん、ベースの佐々木研太さん、ドラムの岩高淳さん達もリタイヤした我々にかつての勤労を感謝してくれたのか、それとも疲労を労ってくれたのかわからないが、いつも以上に熱をいれた演奏をしてくれた。
14:00~16:00まで途中休憩をはさみ、入れ替えなしの2ステージを堪能。
JAZZをこよなく愛するメンバー達が、昼下がりを堪能した「あっ」という間の2時間だった。
f0222687_5141061.jpg
f0222687_5142660.jpg

f0222687_5151980.jpg
f0222687_5153258.jpg
f0222687_5154786.jpg


さて、タイトルにも書いたが、ソネの玄関ホール他いたるところにポスターが貼られており、新聞報道でも話題になっています映画 『ふたたび』、ご都合のつく限り是非ご覧になって頂きますようお勧め申しあげます。
f0222687_515059.jpg


若き日にバンドを組んでJAZZ登竜門である「ソネ」の出演が決まりながら、主人公がハンセン病におかされ、出演がかなわないまま隔離、世間の冷たい偏見にも耐え、50年後に当時の仲間を探し出し、再度練習再会とソネ出演を目指すという、涙・涙の物語です。老後になっても衰えない青春時代の熱き友情や情熱とハンセン病への偏見という2大テーマで物語は進んでいきますが、(平均75歳?の)芸達者な役者が多く魅了されます。ソネの玄関は現在の状態で出てきますが、ステージ等は流石に時代考証もあり、別な映画セットで撮影されているようですが、JAZZファンなら必見と思われます。

「神戸ってそしてソネってやっぱりJAZZの本家・本場なのですネ」
                    by 事務局 石ヤン
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-25 05:13 | Jazzライブ同好会 | Trackback | Comments(0)
10月に金沢の帰りに越前「一乗谷」と「今庄」に寄りました。街道と古い町並みが好きな
私には大変魅力のある場所であります。観光地ではありませんが皆様も一度いかれてはい
かがでしょうか。 By 安樂秀典

 安楽さんの投稿欄お借りしてすみません。 
皆さんもメールでお出かけ、旅情報を写真を添えてをお寄せ下さい。私が代行で投稿させていただきます。
                   by松寿会阪神幹事

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-11-23 20:10 | 旅情報  | Trackback | Comments(0)