ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 皆さんとうとう大みそかになりました。今年1年拙いブログにお付き合い頂き感謝しています。来年も引き続き頑張って面白い、楽しい、役に立つ記事を積極的に投稿していこうと考えています。
 本ブログは管理人のブログではなく皆さんの松寿会阪神ブログですので来年は連絡や報告用としてどんどんご利用お願いします。それでは良いお年をお迎えください。


 寒い季節には体が温まる温泉がぴったりだ。町並みに風情があり、共同浴場(外湯)や店が充実しているそぞろ歩きが楽しい専門家が選んだ温泉街を紹介します。来年の旅行計画のご参考にどうぞ。

 f0222687_2251568.jpg温泉街を歩く楽しみの一つは外湯めぐりだろう。1位の城崎温泉には7つあり、洞窟風呂の「一の湯」、庭園風呂の「鴻の湯」、ガラス屋根の「御所の湯」などいずれも個性的。日帰り入浴用の共通券もあり、気軽に楽しむことができる。

 2位の渋温泉には泉質が異なるf0222687_226516.jpg9つの外湯がある。うち日帰り入浴できるのは「渋大湯」だけだが、宿泊客はすべてに無料で入れる。複数の外湯を無料で開放しているところもあり、3位の草津温泉には18カ所、9位の野沢温泉には13カ所、そうした浴場がある。

 1位 城崎温泉(兵庫県豊岡市) 
 2位 渋温泉(長野県山ノ内町)
 3位 草津温泉(群馬県草津町)
 4位 道後温泉(松山市)
 5位 有馬温泉(神戸市)f0222687_2264596.jpg
 6位 別府温泉(大分県別府市)
 7位 銀山温泉(山形県尾花沢市)
 8位 伊香保温泉(群馬県渋川市)
 9位 野沢温泉(長野県野沢温泉村)
 10 山代温泉(石川県加賀市)

 このほか10位内の温泉街にはいずれも魅力的な外湯がある。住民が利用する施設も多く、地元の人と話しながら入るのも楽しい。ただ、本来は観光客向けではない外湯も多いので、勝手に水で薄めないなどマナーには注意しよう。
f0222687_2212631.jpg
 古い町並みも趣がある。10位内は開湯千年以上のところが大半で、最も新しい7位の銀山温泉でも数百年の歴史がある。江戸時代に栄えたところも多く、3位の草津は当時の温泉番付で東の大関(当時の最高位)、5位の有馬は西の大関だった。現在の建物は大正以降のものが多いが、歴史の厚みが風情ある雰囲気を醸しだしている。

 もちろん、カフェや工芸品店など新しい店もできている。新名物も登場しており、有馬温泉の「てんぷら」はさつま揚げのことで、和製ファストフードとして親しまれている。銀山温泉の「カリーパン」は大正ロマンの雰囲気が残る温泉街らしい新名物として人気だ。古い町並みの中、浴衣姿でげたの音を響かせながら外湯を回り、途中でカフェや名物を味わう。街全体を楽しむ温泉のテーマパークともいえる。

f0222687_22163288.jpg黒川など自然の中の温泉街も
 ランキングの上位にはにぎやかな温泉街が並んだが、自然に囲まれた静かな温泉街を推す声も多かった。その代表が、黒川温泉(熊本県南小国町)だ。大分県との県境に近い山間部にあり、川沿いの雑木林の中に旅館や店が点在する。温泉街共通の「入湯手形」を買えば、旅館3軒の露天風呂に入浴が可能で、森林浴を楽しみながら、温泉につかることができる。

 北海道では切り立った峡谷に囲まれた層雲峡温泉(北海道上川町)の名もあがった。1月には氷のトンネルなどをライトアップする祭りもある。

 山奥の湯治場、肘折温泉(山形県大蔵村)を推す声もあった。冬は雪見風呂を楽しめ、4~11月には「毎日、地元農家の朝市が立つ」
             日経新聞 by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-31 08:59 | 地域情報 | Trackback | Comments(1)
 2011年お正月初詣・初日の出情報をお届け。残念ながらこのお正月3が日は曇り予想で初日の出に1年の感謝をこめたり祈願することは難しそう。ならば今年は気分を変えて違った初詣も良いのではないだろうか。60年も70年もお正月を迎えているとこんなもんだということで同じことの繰り返し、これでは歳月と共に衰えるという焦燥感を感じ新しい所にも出かけたいと思っている。こんなもんだと考えずに何か面白そうなものがあるぞとの期待に賭けたい。

 関西 の初詣スポットアクセスランキングはここから


 関西 の初日の出スポットアクセスランキングはここから

                       by管理人
f0222687_2031793.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-30 10:48 | 地域情報 | Trackback | Comments(0)
 058.gif来年1月1日には超ビッグニュースをお届けする予定です。ご期待下さい 

 泣いても笑っても今年はあと2日となりました。今年は皆さんにとって良い年でしたかそれとも早く終わって欲しい年でしたか。私は何かとなく1年中ばたばたしていましたので速く過ぎ去った1年でした。体調も卒業後では一番良くその意味では総じて幸せな年でした。まずもって健康が第1ですね。来年は大したものではないがこれだけはという目標を持ってチャレンジをしたいと思っています。皆さんと一緒に明るく、元気に終わってみれば良い年になることを祈りましょう。

 皆さん最近完成間近になっているスカイツリーが度々TV等メディアで採りあげられていますね。今日は起工式からこの12月までに月毎の工事進行を定点カメラとトピックスで採りあげている下記大林組のブログ等をご紹介します。今朝ラジオを聴いていると本家の東京タワーも平日の夕方以降と休日は30分待ちの行列とのこと、完成後の本タワーの見学はすさまじい事になりそうですね。

スカイツリー概要 
 東京スカイツリー塔(Tokyo Sky Tree)は、東武鉄道並びに東武タワースカイツリーによって東京都墨田区押上で開発中の東京スカイツリータウン内に建設される電波塔(送信所)である。

 着工当初は高さを610.6mとする計画であったがライバル中国を意識して2009年10月16日に高さが634.0mとなるように計画を変更した為、完成すれば電波塔としては世界一、人工の建造物としてはブルジュ・ハリファの828mに次ぐ世界第2位の高さとなる。塔の世界一は広州テレビ・観光塔の600mであるため支線式・自立式を問わず、電波塔としてはスカイツリーが世界一になる。2008年7月14日に着工し、2011年冬に竣工。2012年春に開業予定。
              (ウィキペディアより)
 スカイツリー定点観測はここをクリックしてください。

 東京スカイツリーの最新情はここをクリックしてください
                    by管理人
f0222687_10425298.jpg
f0222687_1043999.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-30 08:48 | 地域情報 | Trackback | Comments(0)
 今年も残すところ3日暮も押し詰まってまいりました。皆様も年末でばたばたされておられのではないでしょうか。忙しくてブログなんか見ている暇は無いとおっしゃるかも知れませんね。

 058.gif来年1月1日には超ビッグニュースをお届けする予定です。期待して待っていてください 

 私はNHKの大河ドラマの放映が始まる前に少しでも早く内容が知りたくて原作を読むようにしています。しかし本番の放送は見ませんが・・。「江 姫たちの戦国」上下 田淵久美子 NHK出版 各1600円 を紹介します。

 来年のNHK大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」主人公の江(ごう)は、その生涯で結婚を3度している女性です。初婚は佐治一成(離別)、再婚は豊臣秀勝(死別)、3度目は徳川秀忠と。ここでは2度目の亭主にまつわる話を紹介します。江の再婚相手の実兄は“殺生関白”  f0222687_81830.jpg
  琵琶湖湖畔にたつ長浜城模擬天守。館内は長浜城歴史博物館として使われている。長浜城は普請好き(建築好き)な秀吉が築いた最初の城でもある。秀吉が主君の織田信長から拝領した当時、この地は今浜という名前だった
 


 小谷城主浅井長政と織田信長の妹・お市の方の三女として生を受けた江。姉には豊臣秀吉に寵愛された淀殿、大津城主京極高次の正室となった初がいます。浅井氏滅亡後、兄信長の庇護のもとにいたお市と娘たちは、信長が本能寺で横死すると織田家重臣柴田勝家の北の庄城で暮らすようになります。

 f0222687_824219.jpg


長浜の妙法寺で出土した幼児埋葬の墓跡。秀吉の嫡子として誕生した謎の「石松丸秀勝」の墓の可能性が指摘されている。墓域は縦5メートル、横3メートル。四方を石に囲まれた縦穴(縦、横約0.5メートル、深さ約0.8メートル)があるとはいえ、その勝家が秀吉に討たれ、お市も運命をともにすると、三姉妹は仇敵の秀吉の世話になるのでした。2度の落城を経験する姫君というのは、そうそういるものではありません


 江は諸般の事情で最初の夫と別れた後、次に縁づいた相手が秀吉の姉の子・秀勝でした。秀勝には兄弟がおり、兄が“殺生関白”の異名をもつ秀次、弟は秀保といい秀吉が最も信頼する実弟秀長の養子となった人物です。秀勝に嫁いだ江は、女の子を産みます。その子の話は次回を楽しみにしていただくとして、この「秀勝」という名前が今回のテーマです。

知られざる石松丸秀勝 f0222687_881066.jpg


 長浜曳山まつり。華やかな衣装を着て、曳山の上で歌舞伎を演じる小学生たち(長浜八幡宮にて)。荒廃していた長浜八幡宮の社殿を修復、造営した人物こそ秀吉である。秀吉は曳山まつりにも縁が深い。男子誕生に気をよくした秀吉から砂金を贈られた町衆が、そのお金で曳山を建造したのが始まりなのだとか 

 どういうわけか、秀吉はこの秀勝という名前にとてもご執心。秀吉には幼くして亡くなった鶴松、大坂の陣で城と運命をともにした秀頼と、2人の男子がいたことが知られています。が、まだ長浜城主だった若き日に、正室のねね(北政所)ではなく南殿という側室に産ませた男子がいたと伝えられているのです。

 その子は6歳で亡くなったそうですが、名を秀勝といいました。幼名は石松丸。生母の南殿とともに琵琶湖の宝厳寺にある「竹生島奉加帳」に記録が残っています。残念ながら現存していないのですが、長浜のさるお寺には石松丸秀勝の肖像画もあったそうです。

 f0222687_810673.jpg


 多くの武将たちが眠る大徳寺。写真は方丈庭園。織田信長の四男として生まれた羽柴秀勝の墓所は、信長の菩提寺として知られる大徳寺塔頭の総見院にある 


 石松丸秀勝を喪った秀吉は、主君織田信長の四男於次丸を養子にもらい、羽柴秀勝と名乗らせています。いわば「2代目」秀勝です。この秀勝、信長の血筋ということで、明智光秀との山崎の合戦では、実兄信孝と並んで弔い合戦の旗印となり、秀吉が挙行した信長の葬儀で喪主を務めるなど、秀吉にとって大変役に立つ存在でした。が、秀吉が天下人となり関白となると、存在意義を失ったかのように、亡くなってしまうのです。享年18歳。

名づけから垣間見える秀吉の深い哀しみ
 f0222687_8131197.jpgお江の夫・豊臣秀勝が城主となった岐阜城。織田信長が築いたこの城は、その後、嫡男信忠、三男信孝、信長の近習だった池田元助、池田輝政兄弟を経て秀勝へと引き継がれた 



 さて、2度にわたり秀勝を亡くした秀吉ですが、またしても養子に秀勝と名乗らせます。その秀勝こそ江の亭主となった豊臣秀勝でした。この秀勝は、2代目秀勝の遺領を継ぎ、丹波亀山城主となります。一時、秀吉の逆鱗に触れ所領を没収されたこともありますが、関八州を治める徳川家康に対する備えとして、甲斐・信濃両国に封じられたり、交通の要衝として知られる美濃岐阜城主となるなど、徳川包囲網の一端を担うこととなります。

 江が嫁いだのは、岐阜城主時代のこと。とはいえ、江は岐阜に下向することなく聚楽第の屋敷に住んでいたという説もありますが……。その結婚生活は短いものでした。豊臣秀勝は叔父の秀吉が命じた朝鮮出兵に出陣し、巨済島で病死。24歳の短い生涯を閉じるのです。

 3人の秀勝を喪った秀吉が、さすがにその後、実子や養子に秀勝という名を名乗らせることはありませんでした。同じ名前を3度も子につける執着に、秀吉の深い哀しみを感じるのは、私だけでしょうか。
                 (読売オンラインより)by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-29 08:05 | 生活・文化・教養 | Trackback | Comments(0)
 皆さんこんにちは。過日、3月に開始した阪神ブログが9ヶ月後の12月上旬になんと早くもアクセス数が1万件突破とお伝えしましたが今日は当ブログ12月末時点のアクセス内容分析をお伝えします。

皆さんのご協力とご理解で順調に推移してきていますことお礼申し上げます。

サイドツリーから関西各地区のブログやホームページにアクセスできますので是非ご覧ください。特に最近は記事が充実してきていますので十分お楽しみ頂けると確信します。

(1)11月 12月アクセス数のグラフ(件/日)
 11月
f0222687_2115612.jpg

 12月
f0222687_2125223.jpg

(2)リンク元ランキング (どこからのアクセス)
f0222687_2143626.jpg

 (日本では検索エンジンはまだまだヤフーが強いと言える)
 (4位は松寿会京阪神A地区から6位は大阪地区からのアクセス数)
(3)検索ワードランキング(言葉からの検索 これも外部アクセスか?)
f0222687_219332.jpg

   (hiroyoko21さんあなたの記事がアクセスNO1です)
 (曽爾高原の関心は圧倒的に高い 多分地区外からのアクセスが多数)
 (的確なタグのつけかたは今後の課題)
 (余談ですが東灘区制60周年記念だんじりユーチューブのアクセスは3450件
  超、天神祭り120件、最近はジャズ同好会が100件近くまで増加中)

ご連絡 
 最近卑猥なコメントが増加、見つけ次第削除してきましたが今後は管理人の承認制とし、差し支えのないホントのコメントだけを記載させていただくように変更しました事お知らせします。               by管理者
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-28 08:26 | ブログ情報 | Trackback | Comments(1)
 f0222687_15554093.jpg兵庫県立美術館(神戸市中央区)と神戸市立王子動物園(同市灘区)をつなぐ南北約1キロの市道を「ミュージアムロード」とする命名式が18日、沿道の阪神岩屋駅前(同区)で行われる。芸術・文化関係の施設やショップの集積地を目指し、趣旨に賛同した建築家の安藤忠雄さん寄贈のコブシの木の記念植樹などがある。

 発起人は、世界的なオークション会社・サザビーズ北米本社副会長から4月に同美術館館長に就任した蓑(みの)豊氏。周辺には企業コレクションをもとに開設されたBBプラザ美術館原田の森ギャラリー(旧兵庫県立近代美術館)など文化施設が多く、「芸術や文化で名高いパリのシャンゼリゼ通りのようになる」と直感したのがきっかけ。ミュージアムロード構想として提案したところ、地元自治会などが協力を表明した。

 兵庫県立美術館を設計した安藤氏もコブシ約50本を寄贈するなど応援に名乗りをあげ、蓑氏と親交の深い現代美術家の村上隆氏も沿道にアート系の雑貨店の出店を検討しているという。

 蓑氏は「芸術だけでなくファッションやオタク文化の店などを誘致し、誰もが楽しめる通りにしたい」と期待している。

 皆さんも一度歩いてみてください。1年後にどう変わったかをもう一度報告したいと思います。                     
                    「産経新聞より」by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-27 10:58 | 地域情報 | Trackback | Comments(0)
 皆様のご協力を頂き今年1年間街中散策例会全11回は一人の怪我人も落後者も無く、皆様にも大変楽しんでいただけ世話役として嬉しく思っています。ただ残念なことは英治さんと滋さんの両世話役さんが体調を崩されてこのところ参加できていないことです。反対に病気も完治され島の江さんが復帰されたことが嬉しいニュースでした。健康維持の為に1回/月の例会には出来るだけ積極的に参加してください。 

 今12月例会は21会員さんが阪神地区を脱出して酒と町人の町伊丹を訪れ一生懸命歩いた後昼食には魚コースの忘年会で懇親頂きました。当日のムービーを下段に添付しておきましたのでご覧ください
 
 年が変わり1月は下記の通りJR朝霧から山陽道経由して時の道をたどり明石城を訪ねます。沢山の会員さんと交流、親睦が出来たらいいですね。

 街中散策会は会則も無く、都合の良い時のみご参加いただくこと、但し出欠のお返事は期日までに頂くのがただ一つのお約束です。ご入会ご希望の方は伊部、岡本、浜崎までご連絡ください。

 035.gif皆さんメリークリスマス&良いお年を

             記

◆実施日:平成21年1月27日(木) (予備日2月3日)

◆ご集合: JR朝霧改札出口9:00

◆コース  JR朝霧~山陽道~稲爪神社~柿本神社~時の道~明石城~JR明石

◆出 欠  1月13日までにお返事お願いします。

◆12月例会ムービー


                         by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-26 08:26 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)

明石の歴史

 

 明石市の概要
 明石市は、南側は瀬戸内海(播磨灘)に面し、ほとんどの部分が神戸市と隣接しています。瀬戸内海とに面しており、明石海峡をはさんで淡路島を眼前に望むことができます。気候は温暖で、古くは万葉歌人の柿本人麿によって多くの歌が詠まれた風光明媚な街です。また、阪神都市圏と播磨臨海地域、淡路・四国とを結ぶ位置でもあり、海陸交通のうえで重要な拠点となっています。
明石市では、21世紀の幕開けと同時に「交流と共生」をテーマとした新しい街づくりがスタートしています。


 明石のあゆみ
明石の街のあけぼのを知るには、遠く100万年近い大昔にさかのぼります。明石海岸の地層や海底からは、洪積世の前期頃まで生きていたとされる「明石象」や、旧石器時代の人類とみられる「明石原人」など、ほ乳類や豊富な植物の化石が多数発見されています。

原始から、古代・中世を経て近世へと明石の街は発展を遂げ、江戸時代には小笠原家10万石(後に松平家8万石)の城下町として栄えました。阪神と播磨との接点に位置するという恵まれた地理的条件を生かし、交通の要衝としての役割も果たしてきました。

明治22年(1889年)に町制を施行し、 明石城下町と大明石村・当津村・王子村・大蔵谷村の1町4ヶ村が合併して明石郡明石町となりました。そして、大正8年(1919年)に市制を施行し、全国で81番目、兵庫県下で4番目の市である明石市が誕生しました。当時の人口は約3万2千人でした。その後、昭和17年(1942年)に林崎村を、26年には2町1ヶ村(魚住村・大久保町・二見町)を合併して、現在の市域となりました。昭和35年(1960年)以降は、企業進出や、住宅開発に伴う阪神都市圏からの人口流入などを受け、住宅都市・産業都市として著しく成長しました。現在では30万人を越える中堅都市に発展しています。

明治43年(1910年)に日本で最初の子午線標識が明石市に設立され、子午線(東経135度)の街として定着しています。現在では、都市像に「人・輝き 夢・生まれ そして、ふれあい広がる新たな飛躍の舞台 海峡交流都市・明石」を掲げ、実現に向けて地域が一丸となって取り組みを進めています。

明石の名前の由来
 明石の名前の由来は、昔狩人が射抜いた大ジカの血が赤石(あかいし)となり、東松江と西松江の間の浜から15~16メートルほど沖の海中に沈みました。ここから「あかし」の地名が起こったといわれています。
                  by街中世話役
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-25 18:50 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)
新年初の第11回(1月)例会を、下記の要領で実施しますのでご案内致します。
f0222687_1535372.gif
・実施日  2011年1月23日(日)

・集合時間 13時30分

・集合場所  「にしむら珈琲店(本店)」前

神戸市中央区中山手通1-26-3  電話 078-221-1872
     (ご昼食は済ませてからお集まり下さい)
・予定    
  ご集合後 JAZZ LIVE レストラン「SONE」の予約席に着席。
「昼下がりのジャズライブ」鑑賞 (ワンドリンク付き1000円)
  14:00~16:00の2ステージ 終了後解散
  (10名以下では予約不可ですので、多数のお申し込みを…)

出演者;高橋リエ(Vo)越山満美子(P)西垣昌也(B)引田裕路(D)

ご参加の方は 1月14日(金)までに事務局 石ヤンまで連絡下さい。
(不参加の方は不要)
JAZZに興味があったり聞いてみたいというご友人ご家族の方も歓迎です。
この機会に是非奥様のご参加もご検討下さい。(メールでお申込下さい)

JAZZ LIVE レストラン「SONE」のHPはここをクリックしてください                                      
                     By事務局 石ヤン
[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-25 07:15 | Jazzライブ同好会 | Trackback | Comments(0)

「一人語り劇場」とは

 f0222687_2013943.jpg皆さん一人語りをご存知ですか。日本でただ一人の木津川計さんの年内口演は終了したが機会があれば1回は聴いてみたいものですね。

時代の本質を明らかにする一人語り

 「一人語り劇場」を始めて四年目に入りました。一人で芝居の何役をも語り分けるのです。実際、演じると「一人芝居」ですが、私は演技が出来ませんから「一人語り」なのです。

 芝居通りに登場人物の台詞を語るだけなら、その芝居を観た方がいいに決まっています。「一人語り劇場の」という形式の、いまのところ日本で唯一の語り手である私は、その芝居の時代背景や劇作家の意図、登場人物などを独自に解釈して、ストーリーの間で語るのです。

 一年目の新国劇「瞼の母」と「一本刀土俵入」は劇作家・長谷川伸と時代におけるヒーロー像の違いを語りました。すなわち、平和な時代に受け入れられる心優しいヒーローが、戦争の時代にはこころ猛々しいヒーローにとって代わられることを説明したのです。

 二年目の新派劇「金色夜叉」と「婦系図」では、明治以降の金権主義と、女性を犠牲にして男性が偉くなる男性本位の立身出世主義、その裏面を剔出しました。
 三年目の新国劇「王将」では、不世出の棋士・阪田三吉がなぜ1960年代にフィーバーしたのかを論じたのです。

 四年目の今年は映画「無法松の一生」を語ります。戦争と検閲、”無法松”が未亡人に捧げる慕情の美しさと切なさが主題です。最後にこの映画の意外な解釈をもお聞きいただきましょう。

 「一人語り劇場」は芝居や映画を再現させながら、もっぱら時代や作品の本質を明らかにしようとして切り拓かれた、朗読、語り文化の新しい地平なのです。

     (和歌山大学 生涯学習ニュース・2010年3月)by管理人
f0222687_202654.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2010-12-24 20:05 | 生活・文化・教養 | Trackback | Comments(1)