ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

f0222687_7163594.jpg  パナソニック20+ 件は、6月27日付けで現代表取締役社長の大坪文雄氏が代表取締役会長に就任し、代表取締役専務の津賀一宏氏が代表取締役社長に就任する社長人事を発表した。

 津賀一宏氏プロフィールはここから

 2月28日、大阪市内のホテルで会見した津賀次期社長は「2月上旬に社長の打診を受けた。時間が経つにつれ、経営をとリまく環境の厳しさに立ち向かう決意と同時に、本年1月に新たな体制でスタートしたパナソニックの船出の鍵を握るという心踊る思いが芽生えてきた」と発言。

 「創業100周年を迎える2018年に、環境革新企業の実現を掲げている。「2011年4月より担当しているテレビ事業が大きな赤字を計上する一因を担っており、申し訳ない思いで一杯だ。だが、この10年は薄型テレビが成長の中心であり、技術の革新の中心であった。10年蓄積したパワーによって、次の時代にさらなる飛躍をする。三洋電機、パナソニック20+ 件電工の統合においても社内に大きなエネルギーがたまっており、この出口をうまく設定すれば、必ずや将来の収益改善と成長性のネタになる」と語った。

 担当していたテレビ事業については、「この1年間はお客様が求めるテレビを本当に作れているのかどうかを反省して商品を作り直した。これまでは成長性を追いすぎた。テレビは安くして多く売ろうとしても、一家に100台もいらない。それにも関わらずがんばって売ろうとし過ぎたことで収益性を失ってきた」と指摘。

 「数を追わずに、1〜2年後を見て正常化する方向で進める」と語る一方で、「今後の成長分野は『環境』と『まるごと』という2つの新しいキーワード。これは言い換えれば『エコ&スマート』。この言葉の方が、今の私にはぴったりきている、全社共通の言葉にできるものであり、『エコ&スマート』な暮らしをしよう、あるいはそういう商品を提供しようという気持ちで、すべての商品や事業を見ていけば、世の中に受け入れて頂く成長分野が作れるのではないかと考えている」とした。

 また、自らの特長については「もともと技術者で理科系だが、気持ち半分は技術者で、半分は技術者でない。技術を盲信せず、物事を論理的に考える。仮説、検証ということを大切にして、物事を見るようにしている。サムスン、トヨタといった成長している企業ほど危機感は大きい。われわれは現在、それ以上の危機感を持って臨んでいるが、それを全員が共有しているかということについてはまだまだかもしれない。復活に必要なものは、人の能力をどれだけ引き出せるか。そういう経営をしたい」と語った。

 大坪社長は「7800億円という巨額の赤字は、従業員に大きな痛みを伴った改革の結果であり、社会の皆様に大きな心配をおかけしたことを大変申し訳なく思っている。しかし、外部の大きな混乱要因のなかにあって、パナソニックへの社名変更、三洋電機買収、エネルギー・環境に軸足を置く会社へと進むべき方向を決め、企業を存続させるための大きな土台は築けたと思うと語った。

 また、「パナソニックは伝統的に会長と社長が経営の最高責任を持つ。これは変わらない。実際の事業の推進は社長のリーダーシップで行い、会長は対外的な活動、あるいは国内外のパナソニック20+ 件の代表としての仕事を主に推進していく」と、今後の役割分担について語った。
                             byCNET
 パナソニック社長交代関連記事はここからご覧ください
  ロイター
  日経新聞
  時事通信
  東京新聞 TVニュース動画付
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-29 07:33 | パナソニック | Trackback | Comments(0)
  パナソニックが社長交代を決めたのは、2012年3月期に過去最悪の最終赤字を見通すなど業績が低迷するなか、経営陣を刷新した上で構造改革を進める必要があると判断したからだ。今後は環境エネルギーなどに経営資源をシフトし、業績のV字回復を目指す。ただ歴史的な円高や韓国勢の台頭など家電業界を取り巻く環境は激変しており、新しい経営陣にとっては厳しい船出となる。

 「交代はベストのタイミングだった」。大坪文雄社長は28日の会見で、一部で指摘される引責辞任を強く否定した。

 主力のテレビ事業は、韓国勢の台頭や円高で急激に採算が悪化。巨額投資を続けてきた成長戦略が裏目に出て、テレビ用パネル生産を一部停止するなどリストラ費用がかさみ、12年3月期は過去最悪の7800億円の連結最終赤字に転落する見込みだ。

 今後はテレビ事業を縮小する一方、成長が期待される海外での白物家電、車載用電池といった環境エネルギー事業を強化し、収益力の早期回復を目指す。

 さらに今年1月に事業統合した三洋電機、パナソニック電工の商材も生かし、工場や店舗に空調や照明、太陽電池を一括して提案する「まるごと事業」に活路を見いだす考えだ。

 だが、V字回復を果たした中村邦夫会長の社長時代とは違い、家電業界を取り巻く経営環境は格段に厳しい。超円高の定着や、欧州債務危機に伴い欧米市場は低迷、韓国勢との競争が激しさを増す。頼みの「まるごと事業」も「収益への貢献は時間を要する」(証券アナリスト)とみられる。

 「“復活”のためには人が最大の財産になる」。次期社長に決まった津賀一宏専務はV字回復に強い意欲を示した。だが、新経営陣はスタートから難しいかじ取りを迫られる。
bySankei Biz
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-29 07:27 | パナソニック | Trackback | Comments(0)

篠山のこと

f0222687_10154652.jpg 
  街中歴史散策会の次回例会は少し遠出になるが4月5日に大お花見会を兼ねて篠山城址を訪ねる。事前にちょっとだけ勉強しておこう。

 兵庫県中東部に位置し、東西30km、南北20kmの自然環境の豊かな地域である。古来京都への交通の要として栄えてきた歴史があり、町並みや祭りなどに京文化の影響を色濃く残している。そのため兵庫県でも旧丹波国に当たるため神戸より京都との方が結びつきが強い。

 気候は盆地特有の寒暖差が顕著で冬季の寒さは比較的厳しく、夏は高温・高湿であり、いわゆる内陸性気候に属する。現在では観光と農業を組み合わせた観光農業(グリーンツーリズムの類)や、気候の寒暖差を活かした特産物の農業生産に移行しつつある。例えば、丹波黒大豆の生産が全国的にも有名となっている。また、秋から冬にかけては盆地特有の濃い霧が発生する日が多く、低い山からでも眺められる雲海は「丹波霧」とも呼ばれ名物にもなっている。
                   byウィキペディア
 篠山は古くから京都と山陰、山陽を結ぶ交通の要所の地でした。江戸時代になると、幕府により慶長14年(1609年)に徳川家康の命による天下普請によって篠山城が築城されました。翌15年(1610年)から城下町が計画的に整備され、江戸時代を通して丹波国篠山藩5万石(文政10年[1827]からは6万石)の中心地として栄えた。城下町は、城の周囲に武士の屋敷地が配され、その外側に城下町を貫くように京街道(近世の山陰道)が引きこまれ、街道沿いに町人地が配されました。また城下町の入り口や要所には寺院が配されました。
 歴史的建造物(青山歴史村、武家屋敷群、安間家史料館、丹波杜氏酒造記念館、歴史美術館、春日神社等)が沢山あるので今回の歴史散策会は楽しみのしている。
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-28 10:20 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)
f0222687_2029216.jpg パナソニックが東京都港区芝公園の東京本社ビルを売却する方針を固めたことが、23日わかった。東京の本社機能は今秋、同区東新橋の旧パナソニック電工の東京本社だったビルに移る。資産を圧縮して経営を効率化すると同時に、重複する機能を集約してグループの連携強化につなげる。

 パナソニックは今年1月に旧パナ電工を合併し、法人格を残した三洋の事業も一部以外は吸収した。これらの事業統合に併せ、各拠点の再編を推進。大阪府守口市の三洋電機の本社ビルも、数年後をめどに売却を検討する。

 旧パナ電工東京本社だった「パナソニック東京汐留ビル」は平成15年1月の完成と比較的新しく、省エネ性能にも優れている。JR新橋駅に近く交通の便も良いことから、東京の本社機能を移管する。パナソニックの東京本社「東京パナソニックビル」の売却先などの詳細は今後、詰める。

 一方、東京都台東区にある三洋の東京ビルは当面、電池事業などの拠点として存続する方向だ。大阪府門真市のパナソニック本社に隣接する旧パナ電工の本社ビルも、環境事業などの拠点として今後も活用する。
                      by産経ニュース
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-27 05:36 | パナソニック | Trackback | Comments(0)
f0222687_14233447.jpg ◆報知新聞社後援 泉州国際市民チャリティーマラソン2012(19日、大阪・堺市浜寺公園スタート、りんくう公園フィニッシュ、42・195キロ)

 070.gif阪神地区を代表するスーパーアスリート江原会員さんは4時間4分29秒で完走しました。一昨年のハワイホノルルマラソン個人、団体3位入賞に次ぐ好成績で我々シルバー世代への励ましになる快挙です。皆さんからも管理人宛てに江原さん応援メッセージを送ってください。     by管理人
003.gif
 泉州国際市民チャリティーマラソンは3910人(男子3371人、女子539人)が参加して行われた。男子は初マラソンの丸林祐樹(24)=トーエネック=が終盤に逆転して2時間20分18秒で優勝。女子はママさんランナーの田中千洋(42)=アスレックRC=が2位に13分58秒差をつける独走で、男女通じて大会史上初の3連覇を達成した。(晴れ、気温5・1度、南西の風0・3メートル=午前10時30分スタート時)

 シドニー五輪銀メダリストのエリック・ワイナイナ(38)=ケニア=は2時間42分12秒で31位。ゴール後、参加者から記念撮影やサイン攻めにあっていた人気者は「楽しかった。(沿道から)名前も呼んでくれて、いい大会だった」と笑顔だった。今後はケニア代表として、4度目の五輪となるロンドン五輪を目指す。「ケニアは早いランナーがどんどん出てくるからね」と言いつつも、その目は真剣だった。
                          by大阪報知

[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-26 09:50 | 会員情報 | Trackback | Comments(0)
  パナソニック(6752.T: 株価, ニュース, レポート)は20日、電子部品・半導体事業の社内分社「デバイス社」の戦略説明会で、スマートフォン(高機能携帯=スマホ)、環境対応車太陽光発電など成長3分野向けの部品供給を強化する方針を示した。

2010年度に1150億円だった3分野の売上高を15年度に4倍の4500億円に拡大する計画。一方で、半導体事業など不採算分野を見直してデバイス社全体の製品群を入れ替える「選択と集中」を徹底する考えを示した。

デバイス社は今年1月のパナソニック、パナソニック電工、三洋電機の組織再編で、3社の電子部品、電子材料、制御機器、半導体の事業を統合して発足。12年1月現在の人員は10万2000人で、3社の事業を合算した2010年度の売上高は1.5兆円。

強化する3分野は、1)スマホやタブレット端末などモバイル用途、2)電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HV)など環境対応車の市場、3)太陽光発電や蓄電システムなど環境インフラの領域──で、それぞれの領域のセットメーカーへのデバイス供給を拡大する。

<イメージセンサーは5年で8倍の売上高へ>

特に、これまでデジタルカメラ向けに供給してきたCMOSイメージセンサーは、スマホ分野のほか、医療用カメラや監視カメラの用途に拡大して事業を強化する。ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)が高いシェアを確保している分野だが、パナソニックも自社のイメージセンサーの「薄さ」を強調してスマホやデジカメの薄型化に対応する構えで、10年度に85億円だった売上高を15年度に700億円まで拡大することを目指す。

また、環境車向けの基幹部品であるインバータ用フィルムキャパシタは、国内の生産拠点の富山工場がフル稼働の状態で、14年めどに中国・広東省のフィルム工場での生産も検討、さらに増産を図る。

このほか、スマホ用のスイッチ部品など世界トップシェアで強みのある製品群を強化する。10年度に1.5兆円の売上高に占める世界1―2位の製品の販売比率は45%だったが、15年度の売上高に対しては70%超まで高めていく。

 <半導体は再編、人員規模は変動も>

一方で、半導体事業は構造改革の対象で国内5工場を再編しているが、デバイス社全体でも「事業を継続するために商品の入れ替えや選択と集中は避けて通れない」(小林俊明社長)として構造改革を進める考え。パナソニック電工と三洋のデバイス事業との統合で10万2000人に膨らんだ人員規模は、製品群の見直しで「変動する事は考えられる」(同)と述べた。

デバイス社は、ルネサスエレクトロニクス(6723.T: 株価, ニュース, レポート)、富士通(6702.T: 株価, ニュース, レポート)と統合交渉している半導体のシステムLSI事業を所管している。交渉の進捗についてデバイス社の小林俊明社長(パナソニック常務役員)は「いろいろ検討しているが、現時点で決まったことや公表できる内容はない」と述べた。

デバイス社では、パナソニックグループのAV家電や白物家電、自動車用システムへのデバイス供給比率は10年度に20%。パナソニック以外への外販比率は80%だが「パナソニック内部への部品供給も大事。内部を増やすか、外販を増やすかは成長に応じて考えていく」(同)とした。
                      [大阪 20日 ロイター]
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-25 09:07 | パナソニック | Trackback | Comments(0)
 昨日はそぼ降る雨の中まだ昭和の面影の残るいやしの「浜の播磨路」を新たに2名の新会員さんを加え総勢21名で訪ねました。「この散策会はこれまで22回連続で雨天中止なし」の不滅の大記録が途絶えるか心配もされたあいにくのお天気、それでもズボンのすそも濡れることなく全行程一同揃って元気にウォーキング出来ました。
 今回の特筆は何と言っても江井が島酒造。江戸時代、明石の西部地区の浜手は「灘」と呼ばれていました。良い湧き水と播磨平野の良質の米に恵まれた(播磨の)灘※では、酒造りが必然のように盛んになり灘の酒として、その名声を博しました。 (※風波が強く、航海が困難な海域。瀬戸内海の播磨灘。)
 今回訪れた同社は徒然草の著者・吉田兼好の末裔卜部さんが江戸時代に創業した酒造メーカーで現在の酒の一升瓶製造販売を始めた全国酒造会社の中でも大変由緒正しい酒蔵です。昼食前とは会社の来し方やお酒造りのうんちくを聞きながら日本酒、ウイスキー、焼酎、梅酒、ワインのオールスター利き酒でほろ酔いどころか酩酊寸前、イヤー至福の時でしたね。
 今後も雨天順延時の参加者数減少を考えると世話役としては若干の雨程度であれば原則開催するという方向で臨みたい思いを強くしました。

 事前に2回下見され史跡を一生懸命勉強さるなど今回お世話頂いたSさん本当に有難うございました。

 参加されたA会員さんの例会ムービーをご覧ください。流石パソコン教室の講師だけに出来栄えは素晴らしいものです。

 第27回例会 
 ☆テーマ  城下町篠山とお花見散策会 詳細は後日ご案内

 ☆例会日 4月5日(木) お花見日程の為3月から変更しています

 ☆ご集合 JR篠山口駅改札出口 09:00

                                 by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-24 09:43 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)
 私は現在地域貢献の一環として「ため池協議会」に所属しボランティア活動をしています。全国で農業用ため池は21万湖あると言われ、そのうち兵庫県では4万7千湖で県別順位では全国第一位となっています。又明石では今も100を超えるため池があります。 
 ため池とは「人工の貯水施設」として作られたものを言い、農作物灌漑や水道の貯水池として利用されるものです。
f0222687_19143055.jpg

 私は地域の人と協力しながらゴミを片付けたり環境整備しながらこの地域の大切な財産である池を守るクリーンキャンペーンに参加しています。
f0222687_19135969.jpg

(ご参考) 池の名称の由来
 ため池の名前・・ 一般名で呼んでいる池の名前は(例)亀池、ひょうたん池は江戸時代から以前に作られた池です
 又 何号池 (例)16号池 5号池は明治になったから池です。
                 by管理人

 明石在住のSさんにお願いしてボランティア活動事例を紹介して頂きました。阪神地区の同好会活動は活発で行事等を通じて会員コミュケーションも大変うまく行っていると言えますがこれからは地域への社会貢献に私達がどう係わっていくかが課題になると思います。何が出来るか全員で考えていきたいですね。
 Sさんはどこにいるか捜してみてください。
                by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-23 19:43 | ボランティア | Trackback | Comments(0)
 パナソニックが平成24年3月期に過去最悪の7800億円の最終赤字を計上する。テレビ事業など本業の不振に加え、買収した三洋電機の企業価値が低下し、巨額の損失計上を迫られた“誤算”が響いた。今年1月に三洋とパナソニック電工の事業を本体に統合し、新たなスタートを切ったばかりだったが、グループの相乗効果で成長を目指すという戦略は産みの苦しみを味わっている。

のれん代に巨額損失 「買収しなければ、大きな成長は目指せなかった」

 2月3日に都内で開かれたパナソニックの平成23年4~12月期決算発表会見。「三洋買収の判断は正しかったのか」と問われた大坪文雄社長は、語気を強めてこう反論した。

 太陽電池や車載用電池などの成長事業を取り込むため、経営不振に陥っていた三洋を平成21年に子会社化。23年4月には完全子会社化に踏み切った。投じた資金は約6600億円に上る。今年1月には三洋の各事業を再編して本体に吸収。3月末までに「SANYO」のブランドは原則としてなくなり、「Panasonic」に統一する。

 だが、皮肉にも三洋の成長事業がパナソニックの業績の足を引っ張った。「円高などで韓国勢の競争力が高まった」(パナソニックの上野山実常務)ことから、リチウムイオン電池事業の採算が悪化。三洋の企業価値が下がり、資産として計上していたブランドなどの付加価値である「のれん代」について、2500億円もの損失処理が必要になった。
続きはここからご覧ください
                        byビジネスメディア誠
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-23 15:44 | パナソニック | Trackback | Comments(0)
 既にメールでご連絡しましたように17:00現在NHK始め殆どの予報業者は明日午前中は曇りとしています。一部業者は雨としていますが降っても1~2ミリ程度の弱雨と報じていますので予定通り実施致します。又先ほど昼食会場にも実施で連絡致しましたので当初通り「浜の播磨路」例会は実施致します。
 とはいうものの念の為雨具の持参と防寒対策はしっかりとご準備お願いします。
                        by街中世話役伊部
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-02-22 17:38 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)