ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 3月に新しい仲間が2名増えました。

 206隣組 河部 好秀さん 姫路市青山    生駒より転入 電器ルート出身

 204隣組 松尾 信義さん 神戸市北区西山 新規入会    電器ルート出身

  ※新入会員さんの写真は松寿会ホームページからご覧ください

   個人的に連絡取りたい時は管理人までご連絡ください。
 
この結果阪神地区3月末総人数は161名となり京阪神Cブロックで一番会員数が多い地区になりました。

 なお当阪神地区での36期退職予定者数
   上期3名 下期4名 合計7名(35期は9名)となっています。総てご入会されると良いですね。
                         by管理人
 
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-31 11:34 | Trackback | Comments(0)
高田(誠)さんからのお便り
 本日3/30(金)あまりにも良い天気でしたので、昼前から岡本桜公園~
保久良神社~金鳥山~魚屋道~フォレスター松寿の森~神戸薬大をぶらぶら
して来ました。

先般3/18(日)の植樹分は殆ど根付いたもようです。
小川さんのコノハミツバツツジなんか元気そのものでした。

記念植樹の4本の内一番奥北側のエドヒガンは蕾が大きく膨らみ、今にも開花の
状況です。

また、我々のエリアの少し北に登った所ではコバノミツバツツジが咲いてました。
         
篠島さんからのお返事
高田さんへ ウオークのついでに活動地確認を頂き、有難うございます、安心しました。植樹後は今月末までは雨も多いかったので取り敢えずの時期は大丈夫でしょうね、やはり問題は夏場でしょうね、何とか、乗り切って欲しいものです。
 私は明日までは春休みの孫達対策、その後は5日まで山仲間との伊豆・大島の旅の予定ですので、その後に出かけてみようと思ってまし。植樹後の根付の事もありますが、植樹の折につぼみを持ったシンボルツリーの今年の花が気になっていましたから。
伊豆からの帰宅後に水やりを兼ねて花の確認に出かけたいと思います。
f0222687_17563444.jpgf0222687_17561161.jpgf0222687_17555650.jpgf0222687_1755361.jpg
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-30 17:58 | フォレスター松寿 | Trackback | Comments(0)
3月24日の当日は、朝から雹が降ったり晴れあがったりの不安定な空模様でございましたが、苦楽園の「cafe Flavor Pocket」に会員12名様がお集まり頂きました。

今回は逆瀬川の「back stage」でも演奏したギターのハーミットニシヤマ氏とジャズグループの「クロチェット」の出演でした。ポピュラーあり、シャンソンあり、トラッドにジャズと多彩な曲目が2時間に亘り熱く演奏されました。

会の初めに次回以降の予告も発表されました。4月の第24回は、NHK神戸放送局トアステで4月27日夕刻に生放送される「ジャズライブKOBE」への参加を予定しており、希望者にはそのあと三宮の「Great Blue」に同じ出演者の平野 翔子(Vo)さんと安藤 義則(P)さんのLIVEを聞きに行く計画です。

5月は物色中で未定ですが、6月は17日の日曜昼「サロン・ド・あいり」で豪華キャストの出演が予定されています。

是非、カレンダーに印を入れていただき、ご予定いただきたいと存じます。第23回のスナップ写真を添付いたしました。ご覧下さい。

 037.gifこのムービーは事務局 畑さんが初めて作成されたものを管理人が代行アップしています。とても初めてとは思えない出来栄えですね。拍手、拍手058.gif003.gif

                          by事務局 畑

[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-30 07:27 | Jazzライブ同好会 | Trackback | Comments(0)

奈良公園片岡梅林

久方の快晴の一日
奈良に足を伸ばしました。
片岡梅林の5,6分咲きの梅と、元興寺の椿を楽しんで
きました。
       by  hiroyoko21(大阪地区)
       

Published by デジブック
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-29 13:19 | 友情投稿 | Trackback | Comments(0)
 「1000年に1回」の巨大津波に私たちはどう備えればいいのか、「人と防災未来センター」(神戸市中央区)の奥村与志弘・主任研究員(30)に聞いた。(聞き手・上村真也)

 ――東日本大震災を受け、県などは、これまでの被害想定を大幅に見直す方針で検討している。

 今回の東日本大震災の発生メカニズムには様々な説があり、調査分析が終わるのを待っていては次の災害に間に合わない。県は、津波高の想定を2倍に引き上げる考えを示したが、その数字の妥当性はともかく、これまで危機意識のなかった人にもアピールするという意味では有効だ。

 個人的には、想定を3倍、4倍にしても構わないと思う。宮城県南三陸町では5~6メートルの想定だったが、実際には15メートル以上の津波が来た。

 想定に頼りすぎれば、今回の震災と同じことを繰り返すだろう。天気予報と同じように「外れることもあるだろう」という程度に考えて、必要な備えを怠らないことだ。

 ――巨大津波が発生した時、私たちは具体的にどう行動すればよいのか。

 命を守るには、遠く、高い場所まで逃げるということに尽きる。神戸には、高いビルが山ほどあり、逃げる場所がなくて亡くなる人は多くないだろう。危険なのは、逃げるタイミングを失うケースだ。

 例えば、先日、西宮市に行ったが、堤防沿いにある公団住宅の上の階の人は海が見えるが、下の階の人は見えない。そういう場所では危機が迫っていても気付かない人が出るはずだ。

 ポイントは、津波が到達するまでの時間に「何か大変なことが起きそうだ」という空気を広げていけるか。

 かつての米国で「火星から宇宙人が来た」という内容がラジオで放送され、多くの人が避難したという有名な話がある。周りに避難している人がいれば、それを見た人も「ひょっとして」と思って追随するものだ。

 そのためには地域での人間関係は重要だ。「逃げろ」と呼びかける人が、普段から顔を知っている人の場合と、そうでない人の場合では、その後の避難行動が大きく変わってくる。警察官や行政の担当者なども、普段から住民と顔見知りになっておくことが望ましい。

 ――高齢者や障害者などの要援護者の対策は。

 「支援される人」ではなく、「早く逃げないと助からない人」と、みんなで考えを改めてはどうか。津波が予想される時は、隣人の力などを借りて、率先して避難してもらう。その結果、他の人の早期避難をリードする役割を担える可能性がある。

 ――津波対策に、我々はどういう態度で向き合うべきか。

 皆さんに伝えたいのは、「今の気持ちを持ち続けてほしい」ということ。今は不安に思って準備している人も多いはずだが、10年、20年がたち、いざという時に備えを忘れていれば、それは何もしていなかったに等しい。

 東北の復興には時間がかかるだろうが、継続的に関心を持ち、自分たちの意識を少しでも長く維持し、子ども、孫の世代まで引き継ぎたい。(おわり)

◆「海のまち」明石も準備◆

<メモ> 明石市は、津波の被害想定については、「県の想定が確定した後、近隣市の動向も踏まえて対応する」としている。

 ただ、「海のまち」として、避難所となる沿岸部の学校の標高の調査や、高齢者や身体障害者の避難手段などを検討する各部の横断会議を設けるなど準備を進めているという。

 野村信一防災安全課長は「市役所も海の前にあるなど、明石は津波対策から逃れられない。国、県の方針に即座に対応できるようにしたい」と話した。

  関連記事を読む

          (2011年7月10日 読売新聞)
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-29 13:03 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
 画面が曇って埃っぽい、登場人物が多すぎて関係やストーリーが分らない・・・我が兵庫県知事さんは映画評論家になってしまった。とはいうもののNHK大河ドラマ「平清盛」の評判あまり良くないし又低視聴率になっているのも事実。私はドラマが始まる前清盛関係の本を何冊も読んでいるがその私でも見ていて混乱することは多い。もともとこ平安時代の貴族社会は光源氏に代表されるように男女のお付き合いが活発な恋多き時代だけに分かりにくいことが多いのは当たり前なのだが。
 とはいううものの面白くドラマを見るためにあるのがNHK大河ドラマホームページ、ここには朝廷、平家、源氏の登場人物、相関図、ドラマのあらすじ等がありここを見れば疑問は瞬時に解決楽しくご覧いただける筈だ。一度訪れてみてはいかがでしょか。

 私は神戸人、「平清盛」は観光神戸の街おこしにつながる大切な財産だけにじっくりと視聴したいものだ。

 「平清盛」ホームページはここからご覧ください
                              by管理人
f0222687_22161592.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-28 08:26 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)
阪神地区地区懇談会 神戸会場:3月10日(土)  姫路会場:24日(土) (於)東天紅

両懇談会の写真をお届けします。PICASAウエブアルバムは1枚づつでも一括スライドショーでもご覧頂けます。

  ウエブアルバムは、グーグルのピカサというソフトを利用して、グーグルのサーバーに情報は保存されています。下記のURLからしか見ることができないようにしていますので、一般の人から見られることはまずないとしています。ただ、しくみを知り尽くした人の侵入はあり得ますので、ネット上では絶対大丈夫は言えません。

     神戸会場はここからご覧ください 参加66名

     姫路会場はここからご覧ください  参加12名  合計77名


  「お願い アルバムが破損することもありますので、下記以外の機能には触れないようにしてください」

1.大きく見たい写真の上で左クリックして拡大して
2.写真の上で右クリックしでるメニューで、「名前を付けて画像を保存」で自分のパソコンに写真を取り込む
3.写真の上で右クリックでしるメニューで、「画像を印刷する」で自分のプリンターに出力
  その他のメニュー内容も試してください
4.画面の左上にある「スライドショー」で写真をご覧頂けます
5.自分のパソコンにピカサのソフトをインストールしていれば、一括ダウンロードでパソコン取り込みも可
  ピカサの使い方を確認してください
f0222687_10404296.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-27 13:21 | Trackback | Comments(0)

灘の春

 今年の桜の開花は4月とも言われ数十年ぶりの珍事とのこと。街中の庭先にはもう春が来ている。私達も出掛けよう・・・春を求めて。

春はついそこまでやってきている。

ソメイヨシノのつぼみはまだまだ固いけど。

淡いそよ風が春の香りを運んでくる。もう春ですよと。
                         by管理人
散歩中に撮影
f0222687_9271295.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-26 09:44 | 地域情報 | Trackback | Comments(0)
 昨年3月に発足した姫路会場「しらさぎ会」には何と数日前に転入した河部さんも急きょ参加、21会員中11人が集まり半年ぶりの再会で元気を確認。特に松寿新聞にも記事が掲載された「小賀会員」からあらためて渡来人で聖徳太子のブレーンであった秦河勝がここに没し大避神社の祭神である事、申楽がここから始まった事、「船渡御祭」は瀬戸内海三大祭りで国重要無形文化財に指定されている等の歴史を紹介され本当に勉強になりました。
 又坂越駅から始まる12KmのハイキングコースはJR西日本満足度1位に選ばれたり、品質が良い相生の牡蠣を求めて全国から観光客集まってくるこの坂越でミニ懇の開催を検討しました。
                   by管理人
f0222687_1130395.jpg
f0222687_11301879.jpgf0222687_1130623.jpgf0222687_1129032.jpgf0222687_1128377.jpg
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-25 11:32 | Trackback | Comments(0)
f0222687_6521229.jpg  パナソニックは、2012年1月に、グローバルコンシューマーマーケティング部門(GCM)を新設した。日本で成功したマーケティング本部の仕組みをグローバルで展開するものともいえ、同社が2018年に向けた中長期の成長戦略を描く上で、重要な役割を担う組織となる。

 グローバルコンシューマーマーケティング部門では、モノづくりを行なうビジネスユニットと、全世界のマーケティング部門と販売会社との新たな関係を構築することで、バーチャルコンシューマードメインをグローバルで確立。「グローバル展開を想定した企画・開発、生産・販売を推進」する。その中核的役割を担うのがグローバルコンシューマーマーケティング部門だ。同部門の総括担当であるパナソニック・坂本俊弘代表取締役副社長に、その狙いを聞いた。

以下本文目次
■ 一気通貫のバーチャルコンシューマードメインを確立
■ 10年前に設置したマーケティング本部の成功を展開
■ 横串にすることで可能になる新たな展開
■ 生活研究をグローバルに展開
■マーケティング部門が変革と成長のトリガーとなるか

 続きの詳細はここをクリックしてください
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-03-24 06:52 | パナソニック | Trackback | Comments(0)