ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

先日7/20(土)、国土交通省六甲砂防事務所主催の六甲山系グリーンベルト『森づくり講習会』(第7回テーマ:森づくりの計画の立て方を学ぼう)に篠島さん小川さん共々参加しました。

「森の世話人」7団体12名並び六甲砂防事務所また「森の世話人」活動支援事務局の面々が集まり、森づくりに関する検討・再確認を致しました。
また、森づくり団体の交流を深めたり、技術力を向上できる場として、「森の世話人」各団体が集まることのできる「交流の森」(今秋に森開きを予定)について意見交換を行いました。

フォレスター松寿としても今後も積極的に参加したく思っております。

講習資料の内《「松寿の森」植生調査結果》 《「松寿の森」2011春~2012春の移り変わり》を添え付けておきますので、ご参照下さい。
「松寿の森」では、2年間で44種の植物3種類の哺乳類12種類の蝶が確認されたとのことです。

f0222687_16154359.png

f0222687_16165061.png

f0222687_16174125.png


f0222687_1618178.png

f0222687_16184772.png

f0222687_16192036.png


フォレスター松寿としてシンボルツリーや植樹木の記録(仮称:「フォレスター松寿 樹録」)を作成の予定ですので、ご期待下さい。

byフォレスター松寿 副代表世話役 高田
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-31 21:32 | フォレスター松寿 | Trackback | Comments(0)
 今回参加された安樂会員さんから今まで以上に細部まで気を配った又新しいテクニックを取り入れた例会動画をお届け頂きました。これだけの作品は全ユーチューブ上でも最高傑作にランク付けされます。動画作成を目指している方は是非お手本にしてください。安樂さん有難うございました。

安樂さんからのコメント==街中散策の動画ができました。フルハイビジョンですから画面を大きくしてご覧ください。

 この所どの地区の「歩く同好会」への参加は大変活発になっていると聞いていますがその訳は会員の健康願望からと推測されます。「健康は先ず歩く事から・・・」を意識される方が増えて、当地区の街中散策会も7月念願だった30人をついに達成、賑やかに楽しく例会開催しました。

 最初に訪れたのはJR神戸線乗車時に元町~神戸間の山側に見える格式のあるエスニックなインド風建築物、阪神間にお住まいの方はこれがどんな建物か知りたいと思っていた方は多いと思います。私も40年間疑問に思いつつ知らなかった建物、その答えは通称モダン寺、れっきとした日本のお寺、正式名称はなんと「本願寺神戸別院」でした。このお寺のライトアップは神戸の名物でもあります。

 横浜、長崎では中華街にあるはずの関帝廟が神戸ではなぜか県庁の北側の住宅街に静かに鎮座していた。信義に厚く約束を必ず守るという点や、蓄財に長けて経済に明るかったという伝説から、商売の神さまとして華僑の皆さんを中心に厚く崇敬されている廟です。

 今回のテーマは阪神間に住まいする人間として「東の浅草、西の新開地と言われ」西日本最大の繁華街だった新開地近辺の歴史と伝統の名店に出会うべく周辺を細部にわたり散策する事でありました。この狭い新開地には戦前までは神戸市役所もあり(現在の兵庫区役所)神戸の中心地として君臨、「正月三が日で40万人が来街」、現在の「神戸ルミナリエ」に匹敵する人を集めた記録も残っているとは驚き。
 春陽軒の豚まん、グリル一平のタンシチュー、そしてトシヤの真っ黒いそば焼きが新開地3大名物、しっかり店舗も歩いて確認、また青春の思い出福原も歩いてみた。参加された方は後日お気に入りの名店を是非再訪して頂きたいと思います。

 今回の例会時の新開地歴史と名店紹介資料ご希望のう方は私までご連絡ください。

 街中散策会は何十年も住んでいながら知らない自分たちの郷土の歴史を訪ね、先達に思いを馳せるロマンを求めるリトルトリップです。本同好会は現在会員数45名(阪地区外会員さんは3名)、松寿会員であれば地区限定もしませんのでどなたでも参加可、お気軽にご一緒しませんか。
                      by街中世話役 伊部




 
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-31 15:53 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)
 パナソニックは7月31日、2013年3月期第1四半期(2012年4~6月)の連結決算を発表した。国内デジタルAV市場の需要低迷により、売上高は前年同期比6%減の1兆8145億円となったが、固定費圧縮などの経営体質改善により、営業利益386億円、当期純利益128億円の黒字となった。

 営業利益、当期純利益ともに黒字化したのは2010年第3四半期以来とのこと。常務取締役の河井英明氏は「足下の業績は良くなっている実感がある。ただし第2四半期以降の不透明感は強く、慎重に見ている」と現状を話した。

 厳しい市況が続くAV機器については「2011年のアナログ停波を受け、薄型テレビ、BDレコーダーはいずれも厳しい状況」としたものの、テレビ、パネル事業については不採算事業を絞込み、事業全体の収益は前年から約250億円改善しているとのこと。セット事業が黒字に転じたほか、パネル事業も非テレビ分野が順調に推移していると言う。

 前年に比べ大幅な増収増益に結びついたのはオートモーティブシステムズだ。震災の影響を受けた前年に比べ、カーナビやカーオーディオなどが売り上げを伸長。売上高は前年同期比71%増の1907億円、営業利益は42億円となった。

 また、洗濯機、冷蔵庫、エアコンの白物主要3商品が海外で2ケタ成長となったアプライアンス分野も、売上高3%増の4314億円、営業利益374億円の増収増益を記録した。

 引き続き厳しいのは、光ピックアップや半導体などの売り上げが減少したデバイス分野、携帯電話などが期待通りに伸びず減収となったシステムコミュニケーションズ分野だ。

 携帯電話事業の現状について尋ねられると「スマートフォンは国内海外ともに苦戦している。携帯電話全体の売上高は、スマートフォンが入った分だけ伸びているが収益は赤字。ただ、良い商品は出していると思っているし、それなりの評価ももらっている。今後一層の事業強化策、改善策を考えている」と市場を分析した。
byCnet

 会社発表2012年度 第1四半期 連結決算概要はここからご覧ください
                           by管理人
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-31 15:52 | パナソニック | Trackback | Comments(0)
f0222687_14255844.jpg
  第27回例会は梅雨終盤の蒸し暑い一日でした。皆様、大変お疲れ様でした。
今回はお馴染みの神戸SONEでの「日曜日の昼下がりJAZZ LIVE」を楽しみました。
例会参加者は24名と久しぶりの大人数で、広いSONE店内もいつにも増して超満員の
聴衆で盛況となりました。
出演者は、お馴染みの 越山 満美子(P)に大森 成彦(B)、岩高 淳(D)をバックに
ヴォーカルの池田 杏理の熱演に会場は拍手喝采、凄い盛り上がりを見ました。
連休の中日にも拘わらず、多数ご参加いただきありがとうございました。
8月も休まず例会を実施したいと考えております。
日程等、決まり次第ご連絡させていただきます。お楽しみに。
例会のご報告とスナップ写真を添付させていただきました。
f0222687_14264936.jpg

                             by畑
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-30 15:52 | Jazzライブ同好会 | Trackback | Comments(0)
 先般このブログで五輪インターネット放送をお知らせしたが今回は具体的な見方も含めお知らせします。

NHKは地上波とBSで放送予定のない競技をインターネットで生中継する。ネット中継時間は約890時間程度を予定しており、放送を含め過去最大規模での五輪中継となる。

 ネット配信されるのは1日6~19競技で、最大で同時8チャンネルを用意。国際オリンピック委員会(IOC)の国際基準映像がそのまま利用されるため、アナウンサーの実況や解説コメントは付加されない。スマートフォンでの視聴についてはサイズなどが最適化されるが、フィーチャーフォンを対象としたケータイサイトでのサービスは行われない。

 今回の取り組みついて、NHKでは「民放も含め、テレビ中継ではすべてを伝えきれない。一方、テレビ放送がない競技の注目度が低いと断じることはできない。すべての競技が世界最高レベルで、日本人選手が出場しない競技についても注目されている視聴者の方はいる」(松村氏)と説明。放送で取り上げられない分の映像を有効活用するとの狙いを明らかにしている。

 テレビ放送のある競技を避けているため予選などが中心となるが、錦織圭ら世界トップ選手が登場する「テニス男子シングルス1回戦」(7月28日19時30分~ほか、L8)、A代表選手を複数擁しメダルを狙うサッカー男子ブラジル代表が出場する「ブラジル対ベラルーシ」(7月29日23時~、L2)、英国代表としてプレミアリーグの人気選手らをオーバーエイジ枠に加えたサッカー男子「イギリス対UAE」(7月29日28時~、L2)など、注目の競技も多数用意されている。

 ネット中継はNHKウェブサイト「NHKオンライン」からロンドン五輪の特設サイトで視聴できる。特設サイトに入ると全8チャンネル(L1~L8)が並び、選択すると別ウィンドウで動画配信画面が立ち上がる。なお、NHKが提供する有料動画配信サービス「NHKオンデマンド」とは基本的に無関係であるため、無料で視聴できる。

 その他、L1とL2の2チャンネルについては、PtoP配信による高画質版の提供実験を実施する。PtoPを利用するため通常配信と比較して多少の時間的ズレが発生するが、その分を高画質化でまかなうことで利用を促している。NHKは2010年の冬季五輪バンクーバー大会でも実験的にネット動画ライブ配信を実施しており、利用者などから一定の評価を得ていた。

 特設サイト(日にち別番組)はここからご覧ください。
         byCnet Japan
番組一例
f0222687_11145682.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-30 07:12 | 話題 ニュース | Trackback | Comments(0)
大阪天神祭の本宮クライマックス、「船渡御」を観に行ってきました。
見事な花火も打ち上げらて、祭り気分を十分味わってきました。
人混みと、猛烈な暑さにはまいっていまいましたが。
                  大阪 hiroyoko21

Published by デジブック
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-28 15:46 | 友情投稿 | Trackback | Comments(1)
f0222687_14104495.jpg 会員さんもこれまでの自分史を残し後世に残したいとお考えの方もいらっしゃると思います。そんな方に一から親身に相談に乗って作成を手伝ってくれる方がおられますのでご相談されてみませんか。

 神戸市中央区元町高架通3のデザイン・印刷会社「オガワ印刷」が、自らの人生を振り返って本にまとめる「自分史」で、その人の個性を存分に引き出す新しい形の出版サービスを始めた。出来事を時系列に並べるのではなく、綿密な打ち合わせを経てプロのライターとカメラマンが本人を取材し、家族らの手紙も交えてドキュメンタリー風に仕上げる。同社は「一人一人の人生には必ずドラマがある。誰が読んでも感動できる本を作りたい」としている。

 同社のデザイナー東條博さん(39)が企画した「マイライフ~私の旅路」。東條さんは企業の広告やチラシの製作を手掛けてきたが、商売に貢献するだけでなく、心から人に喜ばれるものを作りたいと考えるようになり、今回の企画を思いついた。

 “主人公”の個性や人生で大切にしてきたこと、思い出などを取材し、ライターら4人のグループで本の構成やデザインを考案。文章はできるだけその人の語り口調でつづり、何気ない日常の写真も交える。

 さらに、事前に家族や友人から手紙をもらってその感想を載せるなど、普段は話せなかったことを文章にすることで、より温かみのある内容に仕上げる。

 東條さんは「読む人全員がご本人と心の交流ができるような本作りを目指している。どの人の人生も掛け替えのないもの。“言葉の財産”を残すお手伝いができれば」と話している。

 打ち合わせから完成までは約1~2カ月。A4変形判(40ページ、フルカラー)とB6判(120ページ、モノクロ)がある。同社(東條さん)TEL078・341・3982。ホームページに問い合わせフォームもある。
                 by神戸新聞(安福直剛)
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-28 14:11 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
 長年導入の是非が問われていたマイナンバー法案が閣議決定されいよいよ日の目を見るかもしれない。その功罪と問題点を勉強しておきたい。  by管理人

 本年2月「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用などに関する法律案」(通称マイナンバー法案)が閣議決定され、国会に提出された。そして今、政府は、税と社会保障の一体改革の旗印のもと、この法案の成立を急いでいる。

 この法案の目的は、国民一人ひとりに「番号」を付与し、納税や社会保障給付申請等の場面で記載させることで、各個人や世帯の納税・給付情報をこの「番号」をもとに名寄せ出来るようにし、政府が各国民の負担と給付の金額を正確に把握できるようにすることにあるとされている。

 これにより社会保障・税の一体改革の大前提である、国民の公平な負担と給付、透明性の確保、逆に言えば、脱税や社会保障の不正受給を防ぐこと、が実現できるといわれている。

 さて、マイナンバー法案に直接記述されているわけではないが、「マイナンバー制度」の構築にあたり、政府内では次のような前提で検討がなされているようだ。

(1)全国民にマイナンバーを付番する。

(2)国民は納税や給付など、様々な場面でこのマイナンバーを申請書等に記載する。

(3)様々な機関が情報提供ネットワークシステムと呼ばれる巨大システムを介して国民の情報をやり取りする。

(4)マイナンバーは個人番号カード(ICカード)に記載・記録し国民に配布される。

(5)国民はこのICカードを使って電子政府にアクセスする。

(6)このICカードは身分証明書も兼ねる。

 しかし、よく考えてみれば、最初に紹介した本来のマイナンバーの目的(給付と負担の公平性)を果たすために必要なのは、実は(1)(2)のマイナンバーの付番と申請書等への記載、そして(3)の情報連携をなるべく費用を掛けずに小さく作ることだけで十分である。

 しかしながら、「どうせ」番号の付番・配布を行うのであれば、「ついでに」番号を記載したICカードを配れば電子行政アクセスにも使える、運転免許証を持たない人でも使える身分証明書ができる、情報提供ネットワークシステムを拡張すれば官民の様々な情報連携が実現できるといった議論を建前に、「本来の目的には必要ないシステムを作りあげようとしているのではないか?」と感じるのは、私だけであろうか。

 もちろん、それが「どうせ」「ついでに」実現できるほどのものであるならば、おやりになれば良かろう。しかし、それを実現するとなると、そのITシステムは、極めて複雑で、本来であれば必要のないシステムの導入が必要とされ、結果として多額の税金が不必要に投入される危険性がある。

 ということで、今回は改めてマイナンバー法案の問題点について、私の羅針盤の読みを述べたい。

 続きの詳細はここをクリックしてください
                               by日経
[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-27 08:34 | 話題 ニュース | Trackback | Comments(0)
f0222687_21321863.jpg 今年の関西地区の梅雨明け宣言は7月17日、声明に反しそれ以降の天候は曇ったり雨が降ったりと冴えない天候続き、だが今週には夏らしい天候に戻るのではと言われている。夏の風物詩と言えば花火、関西地区の花火カレンダー、ランキング、その関連情報をお届けします。神戸の港まつりは堂々のランキング第2位です

2012みなとこうべ海上花火大会
●まず、当日は大規模な交通規制が行われるので、車での来場は無理です。

●花火打ち上げ場所はメリケンパークと神港第一突堤の沖合い。この付近は当然観覧の一等地でメリケンパークは当日の昼過ぎにすでに岸壁沿いは一杯になります。午後4時を過ぎると仕掛け花火の見える場所はなくなります。また、第一突堤前方は有料の観覧席です。(前売り3000円、当日 3500円)

●ハーバーランド、モザイク前の高浜岸壁は収容数が少ないのでこちらは早くから入場制限がかかります。毎年のパターンですが、モザイクに入れなかった方が収容力の高いメリケンに流れ込むので、メリケンパークはずっと後方まで立ち見客であふれています。

●第二、第三、第四(ポートターミナル)は三宮駅から南へ一直線。分かりやすいですが、穴場といえるほど空いている訳ではありませんし、帰路のことを考えると三宮駅への混雑にうんざりします。

●兵庫ふ頭は空いていますが、アクセスが悪いです。市営地下鉄海岸線の「中央市場前」から臨時バスでの進入となります。30分前でも大丈夫。

●毎年通っている管理人のおすすめはポートアイランドになります。北公園と「しおさい公園」の間の埠頭は殆ど込んでいないので超穴場。次はキャパの広い「しおさい公園」も良いですね。三宮からポートライナーを利用しなければならないのとアナウンスや音楽は聞こえないのが玉にきず。北埠頭、市民病院前駅下車です。
                     by管理人
関西地区花火人気ランキング
f0222687_21194787.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-25 16:51 | 祭り | Trackback | Comments(0)
 吉川会員さんからお便りいただきました。興味、関心のある方は吉川さん又は私までご連絡ください。

 毎月第3土曜日はわが家のジョイ・ラック・デー(自宅開放の日)で、近所だけでなく、友だちが自由にわが家へ来て頂いて、いろいろなお話の交わりを楽しんでいます。

本日はは11名の方が来て下さいました。先月は16名で、いろんなお話が話題になりました。明石の友達が韓国の宣教師を連れて来てくださっあので、「なぜ、宣教師として日本に来られたのかの証」を聞かせてもらいました。

今日はソプラノ歌手・庄島道子さんが来て下さり、みんなで「むこうむこう」~三井ふたばこ(童話作家、詩人、随筆家)さん作~をみんなで練習し、合唱もしました。今、話題の大津市のイジメの話(学校、教育委員会、警察、病院などと加害者・父兄との関係でどのようないびつな問題が生じているのか)、いろんな話題が出てきました。

この集いは平成19年から始めていますが、「ジョイ・ラック・レポート」なども出していましたが、忙しくて、昨年2月を休みますと、ずーと休んでしまいました。毎月3~4種の議事録、報告書を書いていましたので。でもわが家の歴史を作り上げるには再度始めたいものと考えています。
みなさんにもおいで頂くとリハビリ中の家内が喜ぶと思います。
                                 by吉川
f0222687_1431547.jpgf0222687_1431491.jpg
f0222687_1439681.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2012-07-25 08:28 | 会員情報 | Trackback | Comments(0)