ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

フォレスター松寿活動を支援いただいている「森の世話人」活動支援事務局からのお知らせ等が
届きましたので、ご紹介させていただきます。
尚、12/7(土)に開催されました「第3回交流の森での森づくり活動」にはフォレスター松寿から
篠島代表世話役と蓮井副代表世話役の二人が参加致しております。

                  by フォレスター松寿 世話役 高田 誠一郎

f0222687_6483610.png

f0222687_6512247.png


f0222687_6515272.png

f0222687_6522452.png

[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-27 06:57 | フォレスター松寿 | Trackback | Comments(0)
新入会の澤田さんに続いて 12月度でまた新しい仲間が増えました。

東京地区から転入 平成25年末現在で会員数173名となりました。

  ☆お名前 田中廣幸さん
  ☆お住い 芦屋市三条南町
  ☆キャリア  横浜営業所~照明貿易部

  ☆その他 田中廣幸さんと連絡希望の方は小川幹事まで
                              by管理人f0222687_23221382.jpg
[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-25 23:23 | Trackback | Comments(0)
平成25年12月21日(土)に2013年第9回の「フォレスター松寿」六甲山系グリーンベルト森づくり活動が実施されました。冷え込みの厳しい中、松愛会(兵庫東支部 関谷支部長 兵庫西支部 佐伯さん)パナホーム(柳さん他3名)フォレスター松寿8名合わせて合計14名の方が参加されました。

 これまでの活動内容をご紹介しますと、「フォレスター松寿」は六甲砂防事務所が活動支援する「六甲山系グリーンベルト森づくり」活動で、2009年からスタートして満4年を経過しており、神戸市東灘区森北町上部の15ヘクタールの山林が活動地です。植樹活動が主な活動ですが、登山道を整備し市民の憩いとなる森づくりを目指しています。今年で約400本の植樹が完了したことになります。

 今回は小雨の降り続く中、手作業による下草刈り・刈払機による活動地の整備・登山道の整備が主な作業になりました。その後、昼食をとり天候回復を待ちましたが、本降りの予報もあり作業を切り上げ無事に下山しました。

 今後の予定は平成26年1月度と2月度が下草刈りと活動地の整備、3月15日(土)と3月16日(日)が来年度の植樹活動の開始日になっています。さわやかな森林浴と活動後の爽快感をぜひ味わってください。

 3月の植樹活動イベントに向けまして、皆様のご参加をお待ち申し上げております。 

              by フォレスター松寿 世話役 永井唯晴

参加の皆様
f0222687_1810033.jpg


刈込の実演
f0222687_18111752.jpg


活動地の一部
f0222687_181218100.jpg

[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-23 17:58 | フォレスター松寿 | Trackback | Comments(0)
 カゼ・インフルエンザのシーズンがやってきた。しかし、年末年始で多忙な時期、寝込んでいる暇はないという人も少なくないはず。カゼの予防として、手洗い・うがいの徹底はもちろん、早めにインフルエンザ予防ワクチンの接種を済ませておきたい。

 ■インフルエンザ予防ワクチンでは100%防衛できない  
  とはいえ、「ワクチンを打ったのにインフルエンザにかかった」という話を聞いたことはないだろうか。国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの山本典生室長は「ワクチンは、積極的なウイルス対策としてお薦めの手段だが、100%の防御策というわけではない」と語る。

 現在のインフルエンザワクチンは、流行が予測される3つの型のワクチンをミックスしたもので、的中率は高いが「インフルエンザウイルスは変異しやすいため、ワクチンが流行ウイルスに適合しないことも可能性としてありうる。また、ワクチン接種から抗体ができるまでに2~3週間ほどかかるので、その間に感染し、発症することもある」と山本室長。「ワクチン接種済みだからと過信しないで、手洗いやうがいなども続けたほうがいい。また、ウイルスに負けない体づくりも積極的に行うこと」(山本室長)


■乳酸菌がウイルスへの抵抗力を高める

 早めに始めておきたいのが乳酸菌の摂取。ヨーグルトや乳酸菌が「免疫力を高める」「インフルエンザ予防に効く」という話を耳にした人も少なくないだろう。

 実際に、市販のヨーグルトや乳酸菌飲料に使われている1073R-1乳酸菌やラブレ菌、FK-23乳酸菌といった菌をとることで、病原体の侵入があったときに最初に働く免疫細胞のひとつ、「NK(ナチュラルキラーの略)細胞」の働きが高まったり、感染後の重症化が抑えられたりすることが確認されている。

 「菌の種類によって効果は異なるようだが、基本的には乳酸菌をとることで免疫を活性化する刺激が入り、防御機能が働くのでは」と山本室長は語る。最近の研究で、NK細胞だけでなく免疫細胞全般の働きを高める乳酸菌があることもわかってきた。

 キリンR&D本部研究所で乳酸菌の研究を行ってきた杉村哲研究員は「病原体の侵入を防ぐ免疫細胞は、プラズマサイトイド樹状細胞(以下、pDC)という別の免疫細胞から指令を受けている。そこで、このpDCの働きを高める乳酸菌を探し、プラズマ乳酸菌と名づけた」と説明する。


●乳酸菌が体の防御力を高めてウイルス感染をふせぐ

免疫には、体内に侵入した病原体やウイルスに感染した細胞などの“異物”を早めに見つけ出し、排除する「自然免疫」と、一度感染した病原体を記憶して、次の侵入時に攻撃をしかける「獲得免疫」がある。乳酸菌の摂取で働きが高まる免疫細胞としてよく知られているのはNK細胞だが、pDC細胞の働きが高まれば、免疫細胞全般の働きと、普通の体細胞ひとつひとつの防御力が高まると考えられる(図版:三弓元青)

 同社と国立感染症研究所の共同研究によると、この乳酸菌を含むヨーグルト飲料を飲んで、実際に咳や熱などのカゼ・インフルエンザ様疾患の発症が低減したという。さらに、血液を調べたところ、体内に入り込んだウイルスの増殖を抑制する力も高まっていた。


●プラズマ乳酸菌摂取がカゼ・インフルエンザ様疾患の症状を抑制

30~59歳の健康な男女213人を、プラズマ乳酸菌を含むヨーグルト飲料の群と、プラズマ乳酸菌なしの偽飲料の群に分け、冬期の70日間、毎日それぞれの飲料を飲んでもらった。その結果、プラズマ乳酸菌群ではカゼ罹患(りかん)者数が、偽飲料群に比べ少なく、「咳」と「熱っぽさ」の発症・悪化が有意に抑制されていた。(データ:第61回日本ウイルス学会学術集会発表資料)

 山本室長は「プラズマ乳酸菌は、体内にウイルスが侵入したときに、免疫系が即座に応答できるようにするだけでなく、ウイルスが増殖しないよう、細胞ひとつひとつの防御力を高めているともいえるのでは」と話す。


■水分の維持がウイルスの侵入を防ぐ

 ウイルスの侵入を防ぐためには、こまめな水分補給も大切だ。

 カゼやインフルエンザの原因となるウイルスは口や鼻から侵入する。鼻や気道の粘膜表面は「線毛」という小さな毛に覆われていて、この線毛が小刻みに動くことで粘液に流れを作り、ウイルスや雑菌を咳やたんとして排出する。ところが、体の水分量が減ると、線毛がうまく働かず、排出力が低下してしまう。

 これからのカゼ・インフルエンザ対策には、「乳酸菌」と「水分補給」をプラス。乳酸菌入りで水分補給にもなるペットボトル入り乳酸菌飲料も充実してきた。大人はもちろん、手洗い、うがいの徹底が難しい子どものウイルス対策にも。持ち歩いてこまめに飲むのを今冬の習慣にしよう。


■乳酸菌入りで水分補給にもなる乳酸菌飲料

・小岩井 カラダへの贈りもの プラズマ乳酸菌のむヨーグルト
 pDCの働きを高めるプラズマ乳酸菌が生きたまま入った飲むヨーグルト。低脂肪タイプ。125g、120円(税別)
・キリン 守って! 力水
 pDCの働きを高めるプラズマ乳酸菌を1本当たりに1000億個、ほかにDHA、ビタミンCを配合した炭酸飲料。12月10日から約3カ月の限定発売。500ml、143円(税別)
・小岩井 まもるチカラの乳酸菌
 pDCの働きを高めるプラズマ乳酸菌を1本当たりに1000億個配合の乳性飲料。ナイアシンとビタミンB6を配合。ほんのりリンゴ味。500ml、143円(税別)

                         by日経


[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-19 07:53 | シニアライフ | Trackback | Comments(0)
パナソニックはきょう、2015年度の新卒採用計画を発表しグループ全体で、14年度と比べて2倍の700人を採用するとしました。個性的な人材を採用する「型破り選考」などを導入し独創的な商品を生み出す人材の獲得を狙います。巨額の赤字が続いたパナソニックの2014年3月期の連結決算は1,000億円の純利益を確保する見通しで、積極採用の方針に転じました。
                                                                            byTVtoukyou

[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-18 15:49 | パナソニック | Trackback | Comments(0)
平成25年12月14日(土)に実施されましたユニトピアささやま里山再生活動の一環として
「阪神大震災鎮魂の竹筒づくり」にフォレスター松寿のメンバー6名とエコソリューションズ社現役社員の
淺野さんに参加いただきました。
淺野さんはES社品質・環境革新統括室の所属で、会社のテーマとする環境問題に取り組まれており、
もう一つの顔はインパルスの熱血漢あふれる名選手でもあります。(三人力を得ました)
エコリレージャパン主催で開催され、松愛会・フォレスター松寿関係・他総勢40名強の方が参加されました。
今回は平成26年1月17日に実施される「阪神・淡路大震災霊献灯」に使用される燭台用の竹筒づくり他
竹炭づくりが主な作業となりました。
当日は今年一番の冷え込む中、約300本の竹筒づくりに全員汗をかきました。
終了後はユニトピアささやま温泉の入浴で疲れを癒し、それぞれ無事に帰路につきました。
フォレスター松寿としまして今年4回目の参加でしたが、12月21日実施のフォレスター松寿活動にも
松愛会のメンバーが参加いただくことになっております。
これをキッカケにボランティア活動の「輪」が広がって行くことを願っております。
尚、12月21日(土)予備日22日(日)1月25日(土)予備日26日(日)がフォレスター松寿の活動日です。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

by フォレスター松寿 世話役 永井唯晴

参加の皆様
f0222687_1810530.jpg


フォレスター松寿関係のメンバー
f0222687_18135059.jpg


竹筒づくり
f0222687_1820324.jpg


約300個の出来上がった竹筒
f0222687_18162866.jpg


竹炭づくり
f0222687_18173946.jpg

                      
作業内容
[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-16 18:00 | フォレスター松寿 | Trackback | Comments(0)
2ヶ月振りの嬉しいお知らせです。
12月度に新しい仲間が1名増えました。
阪神地区会員総数は172名となりました。f0222687_16261318.jpg

☆お名前  澤田一成さん
☆お住い  神戸市西区学園東町
☆キャリア   総合技術研究所~インフォメーションシステムセンター
        ~ウエルラボ~先行技術開発研究所
☆趣味    卓球
☆その他  澤田一成さんと連絡希望の方はご連絡下さい

                by 阪神地区幹事 小川雅由
[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-15 16:29 | Trackback | Comments(0)

1214日(土)は松愛会ボランテイアでの阪神淡路震災慰霊1・17の灯篭用の竹筒つくりに

参加しました、松愛会兵庫東・西支部の皆さんの主催ですが、当会にも顔を見せてくれて

居る方もぼつぼつ有り、エコリレーボランテイア活動の一つでもありますので、今回は

小川さん、高田さん、蓮井さん、永井さん、宮原さんと共に参加致しました。

活動場所はユニトピアささやまです、此処の竹林から孟宗竹を切り出して直径10㎝以上の

太さの竹で来年の1・17大震災慰霊の灯篭用竹筒を作ります、昼の休憩をはさんで30

余りで250本の竹筒を作りました。寒気がややきつい一日でしたが、結構な運動になりました。

帰路にはフォレスター松寿活動用の補充道具の調達下見も行うなど忙しい1日でした。

                        by篠島 代行投稿伊部

f0222687_09414866.jpg
f0222687_09420075.jpg


[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-15 09:43 | フォレスター松寿 | Trackback | Comments(0)

 大阪城天守閣に立体映像を投影し、西の丸庭園一帯をイルミネーションで彩る「大阪城3Dマッピング10+件スーパーイルミネーション」が14日から開幕するのを前に、イベント内容が12日、報道陣に公開された。天守閣をスクリーンにした光の世界が躍動し、「大阪光の陣」が壮大に繰り広げられた。

 大阪観光局とハウステンボス(長崎県佐世保市)が共催。建物や壁の形状に合わせて映像を映し出す「プロジェクションマッピング10+件」という技術を使い、天守閣が炎上して崩れ落ちたり、金色に輝いて再建したりするなどコンピューターグラフィックスを駆使した幻想的な映像が次々と映し出された。

 会場では、庭園一面に青い光が海のように波立つ「光のビッグブルー」や、クラシック音楽に合わせた光のショー「ジュエルイルミネーション」もイベントを盛り上げる。来年2月16日まで。営業時間は午後5時半〜同10時半。一般1600円(金曜や土曜などの特定日は2000円)

                          by毎日新聞

f0222687_09115083.jpg



[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-14 09:07 | 話題 ニュース | Trackback | Comments(0)

源氏と平氏のこと

 街中例会は来週19日清和源氏のルーツを探るべく川西、多田を巡ります。ここで源氏と平氏の関係を少し勉強してみたいと思います。

源氏と平氏

源氏と平氏の始まりは、桓武天皇が平安京に都を移したころにさかのぼる。

清和源氏とか、桓武平氏とか、頭にくっついているのは天皇の名前で、どの天皇の氏族から出た一族なのかをあらわしている。

おそらく当時の天皇が、自分の手駒になる軍事力を増強するために、自分の氏族を武家として家を立てさせていったのがそれぞれの天皇の名を冠した源氏や平氏なのだろう。

源氏で最も勢力が強く、武家の棟梁筋と言われているのは清和天皇の代から出た清和源氏。
鎌倉幕府を開いた頼朝は清和源氏。

源姓を名乗っていないが清和源氏である武家はたくさんあり、戦国大名の多くは清和源氏。
主なところで、足利、新田、山名、武田、今川、村上、里美、畠山、最上、細川、吉良、土岐、佐竹など。

徳川家や、島津家も清和源氏だと名乗っているが、これは武家の頭領としての権威付けのための後付けであるかも知れない。

平氏のなかで最も勢力が強かったのは桓武天皇の代から出た桓武平氏。
平清盛に代表される平家は、桓武平氏の一派。

平氏も平姓をなのっていないが平氏である武家がたくさんある。
北条、土肥、千葉、河越、葛西、三浦、和田、梶原、鎌倉、三浦氏、上総、秩父、大掾、中村、長尾など。
坂東武者の多くは平氏であるらしい。

発祥した年代では桓武平氏の方が先だが、基本的には平安時代の天皇は、源氏を頭領としてその配下に平氏をつけている。

調べてみて驚いたのは、鎌倉幕府の執権である北条氏は平氏だということ。
頼朝は、北条氏が支援するまではボロクソだったので、源平の合戦というは実は、西の平氏の一派と、東の平氏の一派の覇権争いだったということになる。

足利氏と新田氏が、北条氏を倒して室町幕府を開いたのは、清和源氏が桓武平氏を倒して武家の頭領の座を取り戻したと言える。

北条氏が実質上の支配権を持っていながら、将軍にならなかったのは、平氏では武家の頭領たる征夷大将軍になれないからだったのかも知れない。


桓武天皇の母は、旧百済の王族の血筋で、当時の皇族では高貴な血筋とは言い難かったため、天皇になる見込みは薄かったそうだが、いろいろ政変があったり疫病が流行ったりして他の天皇候補が死んだり失脚したりしたので、桓武天皇即位という運びになったらしい。

当時の中国や朝鮮は、唐が安史の乱で疲弊して周辺諸国への支配力が弱まり、唐の中で有力な勢力も大分変わったらしい。日本の仏教の傾向が、南都六宗と、その後の密教系、浄土系とで大きく変わったのはその影響だと思われる。

朝鮮半島は、唐と組んで勢力を伸ばした新羅が大体統一していたが、唐・新羅連合に滅ぼされた高句麗の末裔である渤海という国もあった。

唐が衰えたため、唐と組んでいる新羅も勢いが落ちたので、渤海は日本と組んで新羅を撃とうとするが、日本の反新羅勢力(おそらく百済の末裔)が失脚してしまったため、渤海・日本連合は成らなかったそうだ。


唐・新羅勢力の衰えに乗じて、日本では旧百済に連なる勢力が盛り返してきて、百済の血筋である桓武天皇が即位して、桓武天皇は自分の配下となる武力を増やすために桓武平氏を起したという流れだったんだろうか。

渤海・日本連合が成らず、その後の武家の頭領が平氏でなく源氏ということになったのは、百済系勢力は盛り上がりきれなかったということなんだろう。

平氏は百済系の血筋であるということは、たぶん後々にも色々な遺恨を残したのではないだろうか。
                          bynonsuchireland.com

[PR]
by syojyu-hansin | 2013-12-11 14:47 | 街中散策会 | Trackback | Comments(0)