ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧

サックス奏者 纐纈歩美(こうけつ・あゆみ)

 f0222687_20473597.jpg以前当ブログでで天才女子高生サックス奏者・寺久保エレナ(18)を紹介したが今度も同じ奏者だ。美人で21歳のジャズ界の新星、サックス奏者、纐纈歩美(こうけつ・あゆみ)。

 3歳よりピアノを習い、中学の吹奏楽でサックスに転向。高校から本格的にジャズを始めた纐纈は、卒業後に甲陽音楽学院名古屋校で、Randall Conners、岩持芳宏に師事し、在学中より岐阜、名古屋を中心にライヴ活動を積極的に行なっていました。そして現在は、納谷嘉彦(pf)のカルテット“f”をはじめ、さまざまなセッションに参加。

 2作目のアルバム「Daybreak(デイブレイク)」(ポニーキャニオン)を出した。デビュー作から9か月。「マニアックな部分を出した。これが本当のスタート」という。

 好んで聴く「クールジャズ」の代表的存在で、大きな影響を受けているリー・コニッツの「サブコンシャス・リー」や、オリジナル曲、「カラオケの持ち歌」という一青窈ひととようの「ハナミズキ」まで多彩な11曲。ツアーの最中に録音したため、「ツアーがリハーサルみたいだった」という。

 恵まれた容姿もあり、デビュー以来、話題を集めるジャズ界の新星。心がけているのは、「一音一音を丁寧に吹くこと」という。

 「チャーリー・パーカーやアート・ペッパーのように、その音を聴いただけで感動できる人がいる。テクニックに走るんじゃなく、そういう音色を追求していきたい」

                     by読売オンライン
 寺久保エレナツイッターはここから
 
                 
[PR]
by syojyu-hansin | 2011-05-03 10:46 | Jazzライブ同好会