人気ブログランキング |

ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

妻と夫の「ズレ」をどう埋める?

 相手の言動にイライラする。それが嫌だから、関わらない。最初は小さかったはずのズレが徐々に大きく……。気がつけば冷えきった関係に……。夫婦の間にどうしてズレは生まれるのでしょうか? その答えは、生命だけでなく、感情をもつかさどる「脳」にありました。更年期には、体だけでなく脳にも大きな変化が訪れます。更年期の夫婦に起こりやすいズレの予防と対策について検証します。

男は「目的達成」がすべて、女は「共感」を求めている

(イラスト:土井ラブ平)
 「男女の脳を体格の差などを考慮したうえで比べると、男性は扁桃体が、女性は前頭葉や側頭葉が、大きいことが分かっています」

 そう解説するのは、諏訪東京理科大学教授で脳神経科学を研究する篠原菊紀さん。扁桃体は、生物学的な一次判断や価値判断をする、簡単にいえば「進むか進まないか」「好きか嫌いか」といったことを決める働きをする部位です。男性のほうが扁桃体が大きいので、「こうしよう」と一度目的を決めると、そこに向かって真っしぐら。柔軟性に欠けるところがあるそう。さらに「論理的に説明し、結論づける」といった具合に、物事を構造的にとらえようとする傾向があるといいます。

 一方、前頭葉や側頭葉は、知的活動に直結する部位。この部分が発達している女性の脳は、記憶のデータベースを組み合わせて、臨機応変に物事を考えたり対応したりするのが得意です。また、相手の表情や気持ちを読みながらいろいろな情報を駆使し、まわりの人から共感を得る能力が高いことも、女性的な脳の特徴です。「つまり、男性的な脳は『目的思考』が、女性的な脳は『共感思考』が強いといえます」(篠原さん)

 例えば、妻が子どもの学校に呼び出されたとします。帰宅した夫に妻が相談すると、「担任と話をして、それでも解決できなければ教頭や校長に話せばいい」。夫としては具体的な解決策を提案したつもりでも、妻は「あなたは、私が昼間どんなに大変だったかまるで分かっていない!」と不満が残る。目的達成を重視する夫と、共感してほしい妻。脳の違いを考えれば、こうしたズレは必然といえるのです。

 この「男性の目的思考」「女性の共感思考」は、年齢とともに強くなる傾向があるといいます。持って生まれた気質も同様で、年を取れば取るほど「自分」が出やすくなるようです。「更年期でイライラしがちのときに、相手に対して気に入らないと感じている部分がさらに強く感じられ、ますますイライラする。更年期には、夫婦間のズレが大きくなる悪循環が起こりがちなのです」(篠原さん)


今までやりすごせていたことが許せなくなってしまう

 また、更年期のホルモンバランスの崩れは、脳にも影響を与えます。

 脳の「海馬」では、新しい神経細胞を作り出すことで記憶の書き換えをしています。嫌なことがあっても、新しい神経細胞が作られることで記憶が上書きされ、立ち直ることができるのです。しかし、新しい神経細胞が作られにくくなると、嫌な記憶から抜け出せなくなる。「うつ」のような状態になってしまう可能性もあります。

 続きはここからご覧ください
                    by日経ヘルス プルミエ
by syojyu-hansin | 2011-05-31 07:58