人気ブログランキング |

ようこそsyouju-hansin syojyuhan.exblog.jp

 【世界文化遺産・姫路城】         このブログは松寿会阪神地区会員の皆さんの情報交換・連絡用です。投稿にはIDとパスワードが必要、管理人までご連絡ください。


by syojyu-hansin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2011年 05月 10日 ( 1 )

東日本大震災の影響で関東方面では電力の需給が逼迫している。
 こうした状況でパソコンやインターネット機器の節電方法を確認しておくのは重要なことだ。下記は主な家庭用機器の消費電力を示した。
f0222687_19464791.jpg

横軸は消費電力、縦軸は1日当たりの使われる時間として、モデルとなる値をグラフにした。使用時間は人によってバラツキがあるはずだが、グラフが複雑になるため一定の時間とした。あくまで目安として見てほしい。また、冷蔵庫の消費電力は年間消費電力量のカタログ値から平均消費電力を割り出した。図ではネットワーク機器とあまり変わらないようにも見えるが、実際は10倍以上の開きがある。節電は機器の消費電力を下げること、さらに通電時間を短くすることを考えていく。
 実はパソコンの影響は比較的小さい。標準的な消費電力はノートパソコンで10~50W程度、デスクトップ型でも100W程度。小さいとはいえ、わずかな工夫で無駄な電力消費を防げるのならその対策は立てておきたい。後述する対策を施した上で、使わないときはこまめにスイッチを切っておこう。
 ネットワーク機器の場合、それ自体の消費電力はわずかだが、24時間スイッチを入れっぱなしだと、その電力は無視できない。パソコンを使わないときはネットワーク機器もオフにするという選択肢もある。家族全員が仕事や学校に出かける家庭ならば、部屋の電灯と同じ感覚で、出かける前にオフにして、先に帰った人がオンにする、としてもよい。
 ただし一部のネットワーク機器は常に電源を入れておくことが推奨されているものや、電源を切ると固定電話が使えなくなるものもある。また、テレビやビデオレコーダーなどでは、定期的にインターネットに接続してデータをやり取りしている場合もあるので、そうした点を考慮してほしい。
 経済産業省も家電製品の節電方法を紹介したWebページで「PCおよびインターネット接続機器」という項目を立てて節電効果をアピールしている(下記)。
f0222687_19531630.jpg


 続きの詳細はここをクリックしてください
                      byPCオンライン 管理人
by syojyu-hansin | 2011-05-10 07:51 | パソコン/IT関連情報